anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

2020年作品、外崎春雄監督、花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 松岡禎丞 日野聡声の出演。

人喰い鬼がすむ大正時代の日本。 鬼に家族を殺された竈門炭治郎(花江夏樹)は、鬼に変貌した妹の禰豆子(鬼頭明里)を元に戻すため“鬼殺隊”に入隊。
蝶屋敷での修業を終えた炭治郎と、同じく鬼殺隊の仲間となった我妻善逸(下野紘)、嘴平伊之助(松尾禎丞)は、禰豆子を連れて、短期間に40人以上が行方不明になっているという“無限列車”に乗り込む。
そこで鬼殺隊最強の剣士“柱”の一人である煉獄杏寿郎(日野聡)と合流した彼らは、無限列車の中で鬼に立ち向かう。

うーん、すごい作品でした。
監督はテレビ版から引き続き外崎春雄。
そして今回の無限列車編の主役は、煉獄杏寿郎ですね。 声を当てているのは日野聡、私が記事にしているのは、「黒執事」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15771036 ですね。
まあ凄かったの一言ですね。
そして魘夢役は平川大輔、「亜人」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13689683 の田中功次役をして3部作に参加していました。

これは公開日に見なければと思いましたが、シネコンで前もって予約を入れても、ほぼ満員でした。 親子連れ、学生、多くのファンが詰め掛け、映画が久しぶりに活気を取り戻した感じがしました。
そして映像がめちゃくちゃ綺麗、大画面での鬼滅の刃を見るだけでまず圧倒されます。
さらにはクライマックス、原作を読んでいる方達からすると、見るのはきついかもしれませんし、私もこの煉獄杏寿郎のキャラを事前に調べていたんで、結末が入ってきちゃったのが失敗でした(^^)
でもそれでも大感動でしたし、鬼殺隊の柱として、そして男として、先輩として、人間として、本当に素晴らしいキャラでしたね。
周りから久しぶりにすすり泣く声が多く聞かれたのも、それだけ大感動の嵐だったということでしょう。
もう早く続編のテレビの第2シーズンを作って欲しいところですが。
 

f:id:anttiorb:20201021175623j:plain

夢に引き込まれる炭治郎

 

f:id:anttiorb:20201021175626j:plain

しかし脱出の仕方をつかむ

 

f:id:anttiorb:20201021175632j:plain

無限列車の中で覚醒

 

f:id:anttiorb:20201021175635j:plain

炭治郎が外で戦う中、禰豆子が踏ん張る

 

f:id:anttiorb:20201021175638j:plain

夢から覚めないが

 

f:id:anttiorb:20201021175643j:plain

かかった状態で全集中

 

f:id:anttiorb:20201021175646j:plain

そして伊之助は、炭治郎とともに

 

f:id:anttiorb:20201021175649j:plain

列車を止めようと

 

f:id:anttiorb:20201021175654j:plain

煉獄は柱として

 

f:id:anttiorb:20201021175658j:plain

誰一人死なせはしない

 

f:id:anttiorb:20201021175703j:plain

魘夢は夢に引き込む

 

f:id:anttiorb:20201021175705j:plain

それは一瞬にして

 

f:id:anttiorb:20201021175711j:plain