anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

さらば、わが愛/覇王別姫

1993年作品、チェン・カイコー監督、レスリー・チャン チャン・フォンイー コン・リー フェイ・カン出演。


1925年、北京。 娼婦の母親に連れられ、孤児や貧民の子供たちが集まる京劇の養成所に入った9歳の少年・小豆子(マー・ミンウェイ)。 新入りの小豆子は他の子供たちからいじめられたが、彼を弟のようにかばったのは小石頭(フェイ・ヤン)だけだった。

2人は成長し、女性的な小豆子(イン・チー)は女役に、男性的な小石頭(チャオ・ハイロン)は男役に決められる。 小豆子は「女になれ」と老師爺(黄斐)に躾られ、数え切れないほど殴られた。

彼らは演技に磨きをかけ、小石頭は段小(張豊毅)、小豆子は程蝶衣(張國栄)と芸名を改め、京劇『覇王別姫』のコンビとして人気を博す。 段小はある日、しつこい客に絡まれていた娼婦の菊仙(鞏俐)を助けたことをきっかけに、彼女と結婚する。

少年時代より小にほのかな恋情を覚えていた蝶衣は2度と共演はしないと捨てゼリフを吐いて去る。 その日北京は日本軍に占領された。

ある日、小は楽屋で騒動を起こし連行されてしまう。 菊仙は日本側に取り入ってもらえるのだったら小と別れてもいいと蝶衣に告げるが、彼の協力で釈放された小は日本のイヌと彼を罵り菊仙を連れて去る。 深く傷ついた蝶衣はアヘンに溺れる。 そんなことがありながらも2人は和解へと進む。 その後老師爺はこの世を去り、日本軍の敗退で抗日戦争は終わる…


なかなかの長編ですね。
監督はチェン・カイコー、近作は「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15402154 となります。
主演はふたり、レスリー・チャンは多くの代表作がありますが、記事にした作品はないようです。
チャン・フォンイーも記事にしていません。


物語は1925年の北京、ある少年が母と一緒に現れ、京劇の養成所に母は彼を捨てるように預けていきます。 娼婦の子として生まれ、このままでは育てられないと思った母は、意外にあっさりと去っていきます。 そして小豆子は、いじめられながら、大柄な小石頭に面倒を見られていきます。
そして二人はいつしか京劇のトップスターになって行きますが、時代は大きく揺れていく時代です。


172分の今作、大きな大河ドラマのように描かれています。 二人はつかず離れずなんですが、日本軍の侵攻、共産国家の台頭、国共内戦、どんどん運命は揺り動かされ、京劇さえも虐げられていく時代にもなって行きます。
共産思想の文化大革命で、昔からの文化、芸術はいったん死んでしまう中国近代史が、垣間見れる部分もある作品でした。

 

f:id:anttiorb:20200409203451p:plain

娼婦の子として生まれた小豆子

 

f:id:anttiorb:20200409203455j:plain

厳しく女役で育てられる

 

f:id:anttiorb:20200409203503j:plain

そして頭角を現していく

 

f:id:anttiorb:20200409203507j:plain

段小とのコンビで

 

f:id:anttiorb:20200409203512j:plain

しかし彼は嫉妬からコンビを解消

 

f:id:anttiorb:20200409203515j:plain

アヘンにおぼれていく

 

f:id:anttiorb:20200409203520j:plain

そして時代は動いていく

 

f:id:anttiorb:20200409203526j:plain