anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

おじいちゃんはデブゴン

2016年作品、サモ・ハン・キンポー監督、主演。

拳法の達人ディン(サモ・ハン)は人民解放軍の中央警衛局で要人警護にあたっていたが、退役した今はロシア国境に近い中国最北東部にある故郷の村、綏鎮市で一人暮らししている。
借家住まいのディンのところには隣家に住む少女チュンファ(ジャクリーン・チャン)が、いつも窓から入ってくる。 チュンファは、ギャンブル狂の父・レイ・ジンガウ(アンディ・ラウ)との二人暮らしで、あまり父のことが嫌いな彼女の遊び相手がディンだった。
そして大家のボク(リー・チンチン)はなにかとディンの世話を焼きたがる。 彼女は警察官の息子(チャウ・ユーチェン)がいるが、今は気ままな賃貸収入の生活だった。
66歳のディンは物忘れが激しく、医師から認知症の初期症状と診断されており、行ったことを忘れてしまうので、携帯レコーダーを持つことを勧められる。
ジンガウは夜になると賭博場に出かけていく。 しかし借金がどんどん増えて、さすがに返せる限度を超えてしまう。 中国マフィアのチョイ(フォン・ジャーイー)に呼び出され、このまま返せなければ命をもらうと脅され、ある条件を出してきた。 それは借金返済を待つ代わりに、ウラジオストクでロシアン・マフィアの宝石を奪うという危険な任務だった。
実はそこのホテルで宝石の取引があり、そのホテルにはジンガウの従弟が働いていることをチョイ走っていて仕事をやらせているのだった。 ジンガウに選択の余地はなく、車でウラジオストックに向かうジンガウ達。
従弟の手引きで、ロシアン・マフィアの部屋に潜入ができたが、気づかれてしまいジンガウはホテルで襲われるが間一髪奪取に成功、車で逃走をする。 しかし、返済をチャラにしてくれるものだと思っていたジンガウは、ただ1週間返済が伸びるだけと聞き、見張りを車から突き落とし宝石を持って姿を消してしまうのだった。
宝石を横取りされたチョイと、盗まれたロシアン・マフィアがそれぞれ行動を開始するが、チョイはまずジンガウの娘に狙いをつけてくるのだった。
そしてチュンファに間の手が伸びて来た時、ディンにスイッチが入る…

サモ・ハン・キンポー監督、主演作は久しぶりに観ました。 ちょうど公開中の 「イップ・マン 継承」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14881549.html の一作前の「イップ・マン 葉問」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14879893.html で元気な姿を見ましたが、その作品からも7年経っていますね。
共演はアンディ・ラウ、博打好きのどうしようもないチンピラ役でしたが、「グレートウォール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14866469.html では軍師役、「桃さんのしあわせ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9249021.html ではほんの少し共演? でしたっけ。
またいろんな俳優たちがカメオ出演していますが、それは見ていただくとして(^^) でもみんな歳をとりまして、意外にわかりませんでしたが。
物語は、痴呆が進む初老のディン、普通は 「あー」 「うん」 としか言わないほどどんどん悪化しているんですが、しかし隣の娘チュンファだけは可愛いんですね。 しかしそれは彼に悲しい過去があるからでした。
どうして要人警護までした猛者の彼が孤独な一人暮らしをしているのか? 彼には娘がいるんですね。 でも今は絶縁状態、それは孫娘の子守りをしているときに、うっかり行方不明にしてしまったからでした。 それを悲しんだ娘の前から彼は消えて今の独り身になったんですね。
チュンファと孫娘をダブらせていたんでしょう。 悲しく辛い思い出ですね。
ですからチュンファに危害を加えようとする輩には、ディンは昔の血が漲ってくるんですね。 さすがのサモハンで、アクションのキレはここ一番の見せ所です。
物語はそんなに凝ったつくりではなく、昔の香港アクション映画そのものですが、年季の入ったサモハンと、やっぱり彼のアクションがとにかくまだまだ健在でした。
もう1作、彼の出演作が公開予定ですが、どうやらそっちは脇役のようです。
イメージ 1

チュンファとディオン

彼女の父親は博打好き

唯一心を通わすのがチュンファ

しかし彼女が狙われ連れ去られる

ディンの怒りが爆発する