anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヒットマン エージェント:ジュン

2019年作品、チェ・ウォンソプ監督、クォン・サンウ ファンウ・スル イ・ジウォン ホ・ソンテ出演。

とある孤児の少年が国家情報院に拾われ、“ジュン”と名付けられて暗殺要員として育てられる。 ジュン(クォン・サンウ)は瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなるが、漫画家になるという幼いころからの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。
15年後、妻子を持ち、憧れの漫画家になったジュンだったが、まったく売れずに妻の稼ぎとバイトで生計を立てていた。 自暴自棄になったジュンは泥酔して、暗殺要員時代の秘密を描いた漫画を配信してしまう。
朝になり、正気に戻ったころには、漫画は大勢の人に読まれ大人気となっていた。 しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストにジュンが生きていることがバレてしまい、命を狙われることに……。
 
最強の暗殺者は漫画家に?
監督はチェ・ウォンソプ、監督は2作目のようですが、1作目は見ていません。
主演はクォン・サンウ、「探偵なふたり」 「探偵なふたり:リーターンズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/search?q=%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%81%AA%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A を記事にしています。
 
物語は、孤児の少年のところに来た謎の男。 そしてその男に連れていかれ、彼は暗殺者にされていきます。 彼の所属は猛攻隊という特殊部隊でエースにのし上がりました。 しかし、彼は実はあることがしたくて仕方がありませんでした。 でも指導役のドッキュに、それは許してもらえませんでした。
そしてある日、彼は任務中に海に落ちて、そのまま行方不明に。 殉職したと思われ、その後猛攻隊はいつしか衰退していきますし、時代は暗殺というやり方は、難しくなっていきます。
しかし死んだと思われていた彼は生きていて、家庭を作り、子供もいて、漫画家になっていました。 しかしまったく売れていません。 妻が家計を担い、肩身の狭い思いをしているダメ亭主でした。 そんな彼も思い悩んで深酒をしてしまいその時に自分の今までの経験を書いてしまいそれを出版社に送ってしまいます。 もちろん、彼の実体験でしたから、もうそれは面白いなんてもんじゃなく、凄まじい内容で大ヒットしてしまいます。
しかしそれに気が付いた国家情報院、そして彼に恨みを持つ人間、途端にジョンは両方から追われる身に。
 
これは面白かったですね。 なんと暗殺者から漫画家に。 多くの邪魔な存在を排除してきましたが、一方で漫画家になる夢を捨てきれない、まあずぶとすぎる神経と、大胆さはある意味凄いですが。 もちろん腕はあまり鈍っていないジョン、そして家族も巻き込まれるところはコメディでしたが。
 

f:id:anttiorb:20201008182149j:plain

最強の暗殺者だったジョン

 

f:id:anttiorb:20201008182155j:plain

しかし自らの死を偽装し漫画家になったが

 

f:id:anttiorb:20201008182206j:plain

売れない彼がうっかり泥酔して自身の経験を書いてしまい

 

f:id:anttiorb:20201008182209j:plain

大ヒットして、大問題となる

 

f:id:anttiorb:20201008182213j:plain

そしてこの男も自分のことがかかれてびっくり

 

f:id:anttiorb:20201008182221j:plain

妻が人質に取られ救出に

 

f:id:anttiorb:20201008182225j:plain

そしてかつての上司と後輩も

 

f:id:anttiorb:20201008182228j:plain