anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハニーボーイ

2019年作品、アルマ・ハレル監督、ノア・ジュープ ルーカス・ヘッジズ シャイア・ラブーフ FKAツイッグス出演。

2005年。 オーティス・ロート(ルーカス・ヘッジス)は子役からキャリアを積んだ22才の俳優。 3度目の飲酒運転で逮捕されたオーティスは警察官に反抗し、更生施設へ送致される。 モレノ医師(ローラ・サン・ジャコモ)は、施設から許可なく出れば4年間刑務所に服役すると説明し、検査の結果オーティスがPTSDを抱えていると診断。 原因を尋ねる。

オーティスが自己認識していないことに気づいたモレノは、怒りの引き金になっていることは何なのか質問。 オーティスは過去の記憶を辿り始める。
1995年。 子役で俳優業をしていたオーティス(ノア・ジュープ)は、父親・ジェームズ(シャイア・ラブーフ)に付き添われて仕事をこなす毎日を送っていた。 粗悪なモーテルにジェームズと住んでいたオーティスは、父親の気性の激しい振る舞いに日々さらされていた。

断酒し互助会へ通うジェームズだが、仕事を終えた息子を迎えに行くのをすっぽかし、オーティスが得たギャラでテイクアウトの食事を買い、2人で夕食。
地域に住む少年・少女の精神的ケアを担う組織に所属するトム(クリフトン・コリンズ・Jr)がオーティスのメンターで野球観戦に誘ったことを知ったジェームズは、半ば強引にトムをバーベキューに誘うよう息子に言いつける。
宿泊所に隣接するプールサイドへ訪れたトムを最初は世間話で相手をするが、ジェームズは、突然息子に近づくなと脅し、トムをプールの中へ突き飛ばしてしまう。 目の前で起きた光景にショックを受けたオーティスは絶句。
2005年。 施設のプールサイドに座るオーティスは、爪をかじりながらジェームズがトムに取った行動を思い出すのだった・・・


これはシャイア・ラブーフ自身の自伝作品となっています。
監督はアルマ・ハレル、初監督作品でしょうか?
主演はノア・ジューブ、「フォードvsフェラーリ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/21/060000 を記事にしています。
そして22歳の彼をルーカス・ヘッジス、「WAVES/ウェイブス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/18/060000   に出演が近作です。
シャイア・ラブーフは久しぶりに見ます。「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/24/060000 が近作となります。


物語は飲酒運転で事故を起こし、逮捕されたオーティスの回顧録です。 PTSDと診断された彼ですが、自覚症状がありませんでした。 そして彼は自分の人生を振り返ります。 離婚した両親、彼は父親についていきます。 そして生計は子役をこなし、人気者のオーティスが支えていました。 父親はアル中で、断酒するのための互助会に通っています。
しかし父親はそんな情けない自分を隠すために息子の高圧的に接し、演技指導をしているつもりで、DVに近いことをしていました。


今作はシャイア自身の伝記的な作品ということのようです。「トランスフォーマー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12012969 で脚光を浴びスタートなりましたが、元々はコメディアンで始まったキャリアが明かされています。

子役だったかどうかはわかりませんが、両親が離婚して貧乏な生活をしていたのは事実のようです。 父や母との関係がその後どうなったのか? 今は成功して、社会派の作品だったり、一見彼とはわからない役が多い昨今、今作も理不尽な父親役を好演していました。 

 

f:id:anttiorb:20201006181406j:plain

プールで思いをはせる22歳のオーティス

 

f:id:anttiorb:20201006181409j:plain

しかし3度目の飲酒運転で捕まり、PTSDと診断される

 

f:id:anttiorb:20201006181415j:plain

彼は子役をしていた

 

f:id:anttiorb:20201006181422j:plain

そして父と二人暮らし

 

f:id:anttiorb:20201006181418j:plain

父はアル中の治療中で、DV気味

 

f:id:anttiorb:20201006181424j:plain

モーテルで暮らしている

 

f:id:anttiorb:20201006181428j:plain