anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ウインドトーカーズ

2002年作品、ジョン・ウー監督、ニコラス・ケイジ アダム・ビーチ ロジャー・ウィリー クリスチャン・スレーター出演。

1943年、南太平洋ソロモン諸島ブーゲンビル島。 上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長(ニコラス・ケイジ)は、日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、自らは負傷しながらも唯一の生き残りとして帰還したが、左耳に重度の障害が残った上に平衡感覚まで失い、ハワイの海軍病院で療養していた。
しかし彼は失った仲間のために戦う事を決意し、従軍看護婦リタ(フランシス・オコーナー)と共にリハビリを続け、復帰の為の聴力テストではリタの計らいによって無事合格し、軍へと戻った。 復帰した彼は第2偵察隊に配属され、隊長イェルムスタッド(ピーター・ストーメア)、オックス(クリスチャン・スレーター)らに出会う。
与えられた任務はタラワキャンプ内ナバホ族の暗号通信兵であるヤージ(アダム・ビーチ)とホワイトホース(ロジャー・ウィリー)の援護と秘密暗号の死守だった。
その後1944年6月16日彼ら第2偵察隊はサイパン島に上陸し日本軍と激しい攻防戦を展開。そんな中、共に戦いを乗り越えてゆくエンダーズとヤージの間に友情が芽生え始める。 だが進軍した先の日本人村で奇襲に遭遇し、日本軍の捕虜になりかけたホワイトホースをエンダーズは軍の命令に従い殺害してしまう。 それに激昂したヤージは我を忘れた様に戦いにのめり込むようになる。
 
戦争映画ですね。
主演はニコラス・ケイジ、「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15769364 が近しい記事ですね。
物語は第二次大戦期のソロモン諸島における、日米の戦闘のお話です。 情感の死で、指揮を執ることになったジョー・エンダーズ。 日本軍はここを死守するために攻防戦が繰り広げられていました。 負傷しながら、聴覚の障害を持ちながら、ジョーが奮闘します。
 
ニコラス・ケイジが、まともに歴史の一部の戦いに参加するこのお話、ジョン・ウーとニコケイのコンビならもっとヒットしてもよかった気がします。 しかし、なかなかそうはならなかった感じですね。 それはニコケイのモチベーションなのか? 題材的には日本が悪役なんで、日本人には、ちょっと浮いてしまう作品でしたね。
 

f:id:anttiorb:20200830203657j:plain

エンダーズ

 

f:id:anttiorb:20200830203704j:plain

彼が指揮を執ることに

 

f:id:anttiorb:20200830203705j:plain

隊を率いる立場に

 

f:id:anttiorb:20200830203715j:plain

部隊をまとめ

 

f:id:anttiorb:20200830203714j:plain

そして日本軍との戦い

 

f:id:anttiorb:20200830203716j:plain

激しい戦闘で部下を失っていく

 

f:id:anttiorb:20200830203728j:plain