anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

月の輝く夜に

1987年作品、ノーマン・ジュイソン監督、シェール ニコラス・ケイジ オリンピア・デュカキス ヴィンセント・ガーディニア出演。

7年前に夫を事故で失ったロレッタ(シェール)は37歳になったが、いまだに独身。 そんなある日、友人のジョニー(ダニー・アイエロ)から結婚を申し込まれた。 ロレッタはプロポーズを受け入れた。 式は1カ月後、ジョニーは危篤の母に報告すべく故郷のシシリーへと飛んだ。

ロレッタは父のコスモ(ヴィンセント・ガーディニア)と母のローズ(オリンピア・デュカキス)にそのことを伝えるが、2人は快く祝福はしてくれない。 ロレッタはジョニーの弟で現在絶交しているロニー(ニコラス・ケイジ)に会い、ぜひ結婚式に出席してほしいとのジョニーの伝言を伝えた。 

パン工場で働くロニーは、義手の片手を突き出し、かつてジョニーとの話に気をとられていてこうなったんだと叫んだ。 同情したロレッタはロニーのアパートに行き食事を作ってやるが、突然、彼が唇を重ねてきた。 眠っていた激しい恋の炎に火がついたロレッタはロニーに体をあずけた。

翌朝、深く自分を戒めるロレッタを見たロニーは、彼女と2人でオペラを見ることができれば諦めると、ラスト・デートを申し込む。 その日、美しくドレスアップしたロレッタとロニーは、「ラ・ボエーム」公演中のメトロポリタン・オペラ劇場に出かけた。ところが、父が浮気相手のモナ(アニタジレット)と一緒のところに会う。

一方、夫の浮気を疑っていたローズは1人寂しくレストランで食事していたが、居あわせた大学教授のペリー(ジョン・マホーニー)と意気投合。 さて、ロレッタとロニーはオペラがはねた後、酒をくみかわすうちに2人の愛は甦り、再びロニーのアパートに泊まる。


ちょっといろんな方向の不倫物語ですね。
監督はノーマン・ジェイソン、作品を見るのは初めてです。
主演はシェール、「バーレスク」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12987091 で主演をしていましたが、今でもまだまだ美しい、本業は歌手となるんでしょうかね?
ニコラス・ケイジは、映画にまだまだ出まくっています。劇場で比較的最近見たのは「トゥ・ヘル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/26/180000 となりますね。


物語は夫を亡くし、でもまだまだ女盛りのロレッタのお話です。 そんな彼女がプロポーズを受けます。 そんなシチュエーションを作ったジョニーでしたが、ちょっとイマイチですが彼女は受け入れます。 しかしすっきりしないジョニーは、弟に対して結婚をするということをロレッタの言わせます。 さらには彼女の両親もあまり乗り気ではありませんでした。 しかしジョニーの弟のロニーにあった彼女は、片腕を失っていました。そして彼女はロニーに同情、そして特別な感情を抱くようになっていってしまいます。


今作は、若いニコケイもいいんですが、それよりも独特な佇まいで雰囲気を持っているシェールがやっぱりいいんですよね。 老いてなお美しい彼女ですが、そんな彼女を見るにもいい作品でした。

 

f:id:anttiorb:20210628201059j:plain

f:id:anttiorb:20210628201102j:plain

f:id:anttiorb:20210628201106j:plain

f:id:anttiorb:20210628201109j:plain

f:id:anttiorb:20210628201111j:plain

f:id:anttiorb:20210628201114j:plain