anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ワールドエンド

2019年作品、イゴール・バラノフ監督、ピョートル・フョードロフ アレクセイ・チャドフ スヴェトラーナ・イワノー ワ コンスタンティン・ラヴロネンコ出演。


遠くない未来、文明の終末は突然訪れた。 全世界で電力が喪失する≪ブラック・アウト≫発生し、通信は途絶。 異変は宇宙空間から飛来した放射線によるもので、月の陰になっていたモスクワを含むロシア西部と周辺国だけが、『生存サークル』として被害を免れたらしい。

ロシア軍特殊部隊≪スペツナズ≫のオレグ(アレクセイ・チャドフ)やユーラ(ピョートル・フョードロフ)たちは、事態の調査を開始。 だが、『ホットゾーン』の住民は謎の死を遂げており、さらに偵察部隊は正体不明の敵の襲来を受け、次々の全滅してゆく。

そんな時、"イド"(アルチョム・トカチェンコ)と名乗る謎の男が出現。 その正体は、20万年前に地球にやって来た異星人だった。 異星人たちはやがて消滅する母星から、地球への移住を計画。当時地球を支配していた先住民族を駆除するため、自らと似たDNAを持つ『人類』を生み出し、生物兵器=ウイルスとして地球に送りこんだ、と言うのだ。 そして20万年が経ち、地球は人類が支配。

計画の仕上げとして、人類を奴隷化して、地球を手に入れる。 巨大UFOの≪移住船≫は、明日にも地球に到着するのだ。 "イド"は仲間を裏切り、人類を救おうとしていた。 そのためには、奴隷を操っている"ラー"というエイリアンを倒すしかない。

残された数少ない兵士たちは、決死の作戦を開始する。 敵は、エイリアンに操られた無数の大群衆だ。 壮絶な戦闘の果て、高層ビルの屋上で指令を発する"ラー"(Ilya Volkov)を発見。最後の戦いが迫る中、不気味な雲を割って、巨大UFOがその姿を現した…。


これはなかなかの大作でしたね。
監督はイゴール・バラノフ、実は監督作品をCSで最近見たので、いずれ記事にしようと思っています。
主演はまずピョートル・フョードロフ、「ラン・スルー・ザ・ナイト」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15449729 「アイスブレイカー 超巨大氷山崩落」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/05/11/180000 と記事にしています。
アレクセイ・チャドフは、記事にはしていませんが、いずれ見直したい作品に出演しています。


物語は、世界中でいきなり起こったブラックアウト。 原因はよくわかりませんでしたが、宇宙からの放射線の影響ということみたいでした。 そして免れた地域は、モスクワ周辺とその周辺国でした。 スペツナズは事態の調査に行きますが、暗闇の中驚くべきことがわかってきます。


これもロシア映画なんで、生き残るのはロシア、それも首都モスクワ周辺なんですが、これからエイリアン同士の戦いや、隠れた野望、冷酷なやり方など、なかなか後半は怒涛の展開になって行きます。

終わったと思った後にまさかの展開、これは見ごたえがある作品でしたね。 でもちょっと長かったですが。

 

f:id:anttiorb:20200628061522j:plain

何気ない日常だった

 

f:id:anttiorb:20200628061525j:plain

そんな普通の日が続くと思っていた

 

f:id:anttiorb:20200628061529j:plain

しかしいきなりのブラックアウト

 

f:id:anttiorb:20200628061534j:plain

残された地はわずか

 

f:id:anttiorb:20200628061611j:plain

スペツナズが出動するが

 

f:id:anttiorb:20200628061557j:plain

全滅した地では

 

f:id:anttiorb:20200628061617j:plain