anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

初恋

2020年作品、三池崇史監督、窪田正孝 谷嶋颯斗 村上淳 藤岡麻美出演。


葛城レオ(窪田正孝)は両親の顔も知らない孤独な青年。 彼は現在ボクサーとして活躍し、期待の若手として大きく注目されている。 しかしそんなある日、負けるはずのない相手のパンチをくらいそのまま失神。 病院で検査を受けた彼は脳腫瘍と診断され、余命も長くないと宣告されてしまう。
ボクシングももうできないと絶望して夜の街を徘徊するレオはその場にいた占い師(ベンガル)に占ってもらうことに。「まだ若いし、あなたは健康そのものだよ」と大ハズレな結果を言われ、むしゃくしゃしながら再び歩き始めるのだった。
そのころ、ある少女が薄暗い部屋で幻覚に怯え苦しんでいた。 モニカ(小西桜子)と呼ばれるその少女は借金を残して逃げた父親の代わりとしてマフィアに売春をさせられ、自身も薬物中毒で苦しんでいるのだった。 モニカを見張っているのはヤス(三浦貴大)と彼の恋人、ジュリ(ベッキー)という女。
一方アンダーグラウンドの世界に足を突っ込んでいる刑事、大伴(大森南朋)とマフィアの若い策士である加瀬(染谷将太)はこっそり取引物の薬物を盗み出し、何年か加瀬が刑務所に入っている間にマフィア内部で殺しあってもらおうという策略を企てていた。 加瀬のいるマフィアでは権藤(内野聖陽)という男が勢力を伸ばしており、荒っぽい性格からチャイニーズマフィアに目をつけられていた。
加瀬と大森はヤスとジュリの部屋から薬物を取り出すためにモニカを一晩どこかに幽閉することに。 大伴はモニカを買うフリをして彼女を連れ出し、加瀬は中国人マフィアにジュリを誘拐するように頼み、自分はヤスを殺すべく部屋に向かった。
ところが大森と繁華街を歩いていたモニカは幻覚によりほぼ裸の父親を見、走り出してしまい、慌てて彼女を追いかける大伴だったが、そこでモニカは放浪していたレオとすれ違う。
「助けて」という声を聞き取ったレオは走ってきた大伴にパンチを食らわせ、彼が警察手帳を持っていることに気がつき焦るレオだった。 モニカはレオを「リュウジくん」と呼び、訳のわからないまま二人は逃げることになってしまう。
一方加瀬は顔がばれてしまったためにヤスを殺害し、コカイン入りのバッグをコインロッカーに預けるのだった…


三池監督作品は見ないと。
監督の近作は、「ラプラスの魔女」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15505331 ですが、ちょっと監督らしくない作品でした。
主演は窪田正孝、「東京喰種 トーキョーグール【S】」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15992577 でまた主演でしたね。
さらに内野聖陽、「海難1890」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13711904 いらいでスクリーンで見ますね。


物語は、やくざと、チャイニーズマフィアの抗争劇です。 権藤は出所してきましたが、彼に片腕を切り落とされた、マフィアが狙っていました。 しかしそこに野心があり、ドラッグをかすめ取ろうという加瀬が一石投じます。 中毒少女のモニカをだしに、刑事の大伴を巻き込んで一獲千金を狙いに行くんですが、そこに一人のボクサーが絡んできます。
脳腫瘍と宣告されたレオでした。


今作はなかなか個性的なメンバーが集結していますね。 私はベッキーがまず、いいなあと思いました。 一皮むけましたね。 そしてもう一人、マフィアの女戦闘員のようなチアチー役の藤岡麻美ですね。 流ちょうな中国を話し、なんとディーン・フジオカの妹さんということです。
これは監督らしい作品でしたね。


f:id:anttiorb:20200320204758j:plain

期待されていたレオだったが

 

f:id:anttiorb:20200320204802j:plain

出所してきた権藤

 

f:id:anttiorb:20200320204812j:plain

そして二人があるたくらみを

 

f:id:anttiorb:20200320204820j:plain

レオはKOされ病気だと言われる

 

f:id:anttiorb:20200320204822j:plain

そしてモニカと出会う

 

f:id:anttiorb:20200320204829j:plain

一方、恋人を殺されたジュリ

 

f:id:anttiorb:20200320204839j:plain