anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ぼくらの7日間戦争

2019年作品、村野佑太監督、宮沢りえ 大塚剛央 櫻井孝宏 道井悠出演。

いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守(北村匠海)。 話し相手といえば、同じ歴史マニアが集うチャットのメンバー。 「青春時代は、人生の解放区よ」。 平均年齢還暦越えと思われるその場所で、今日もメンバーの一人が、恋に悩む守にからかい半分のエールをくれた。
片思いの相手は、お隣に住む幼馴染の千代野綾(芳根京子)。 しかし綾は、議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。 しかも、いきなり一週間後。 それは守が密かにプレゼントを用意していた彼女の誕生日の目前だった。
「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」。 やり場のない綾の本音を聞き、守は思い切って告げる。「逃げましょう……っ!」。
綾の親友・山咲香織(潘めぐみ)をはじめ、明るく人気者の緒形壮馬(鈴木達央)、ノリのいい阿久津紗希(道井悠)、秀才の本庄博人(大塚剛央)までもがこの逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜けするが、特別な夏の始まりには違いなかった。 もはや観光施設にも使われていない古い石炭工場を秘密基地に、ただ7日間、大人から隠れるだけのバースデー・キャンプ。 それは、少年たちの精一杯の反抗だった。
立坑櫓たてこうやぐらから屋上へと登れば、どこまでも高く広がる空が、彼らを迎えた。
だが、その夜、工場に潜んでいたタイ人の子供・マレット(小市眞琴)と出会ったことで、事態は想像もしなかった方向へ向かう。 不法滞在で入国管理局に捕らわれかけていた所を間一髪助けると、はぐれた家族を探しているのだと、守たちに打ち明けた。
2日目の朝、今度は武装した入国管理局の職員が、マレットを連れ去りにハンマーを振りかぶり工場へ突入してきた。 守は、仲間たちの協力のもと、敵の撃退作戦を決行する!・・・
 
懐かしいですね。現代版でよみがえりました。
監督は村野佑太、初監督作品でしょうか?
声の出演で北村匠海、「HELLO WORLD」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/10/13/060000 でも、ちょっと気の弱い優柔不断の男の子を演じていました。
芳根京子は、「今日も嫌がらせ弁当」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15985749 で娘役をしていましたが、声の仕事もありますね。
 
物語は、読書が好きで、目立たない高校生の鈴原守が、ひょんなことから大人たちと戦う嵌めになっているお話ですね。 片思いで、幼馴染の隣に住んでいる千代野綾にずっと憧れていますが、高校生になり、同じクラスになっても距離は逆に遠くなっている感じがしています。
そして政治家の娘の彼女は、親が選挙区を変えて国政に立候補するということで、急な引越しになってしまうことを聞きます。
思い切って駆け落ちもどきの行動を起こそうとしますが、かえって仲間と秘境キャンプになって行きます。 しかしそこである出会いから、急転していきます。
 
今作は続編という側面と、リブートという両方の側面を持っていますね。 続編的なにおいは最後でわかりますが、実写版の2作品を見たくなりますね。
若き日の宮沢りえを見たくなるそんな秀作アニメです。
 
 

f:id:anttiorb:20200114195059j:plain

隣の憧れの綾の転校を知る

 

f:id:anttiorb:20200114195107j:plain

それは彼女の父の選挙のためだった

 

f:id:anttiorb:20200114195114j:plain

そして思い切って

 

f:id:anttiorb:20200114195123j:plain

そして6人はここに

 

f:id:anttiorb:20200114195233j:plain思いっきり開放感を味わうが

 

f:id:anttiorb:20200114195136j:plain

しかしここでマレットと出会う

 

f:id:anttiorb:20200114195245j:plain