anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

セントラル・インテリジェンス


1996年、学生時代のロビー(シオーネ・ケレピ)は太っていてイジメられていた。 イジメっこのトレヴァー・オルソン(ディラン・ボヤック) は、シャワーを浴びているロビーを素っ裸にして、表彰受けているジムのもとへと運び、彼の尻を出して床の上を滑らせて笑いものにする。
だが、カルビンは笑わずに自分のジャケットをかけてやる。 ロビーは屈辱を受け、学校を飛び出すのだった。 それ以来彼は不登校となり、高校から姿を消したのだった。
そして20年後、高校時代はスーパースターだったが、今はしがない中年会計士のカルビン(ケヴィン・ハート)は、高校生のときから付き合っていたマギー(ダニエル・ニコレット) と結婚、彼女の方が仕事が順調なのにも、卑屈になっていた。
そんな時、フェイスブックの友達申請が来る。 高校時代のクラスメートということで、気軽にその申請を受けると、すぐに会いたいといって場所を行ってくる。
行ったバーに現れたのは、当時おデブでいじめられっ子だったボブ(ドウェイン・ジョンソン)だった。 見違えるようなマッチョでかっこいい彼は名前も変え、20年間筋トレを欠かさなかったと言うが、親しげに近づいてくる。 さらにそこで変な輩数人に絡まれても、あっという間にボブは叩きのめしてしまう。
帰り際、ボブは頼みがあると言い、ハッカー技術のあるカルビンにある検索をさせる。 そしてそのまま彼は1泊してしまうのだった。
次の日の朝、いきなりCIA数人が踏み込んでくる。 パメラ・ハリス(エイミー・ライアン)率いるその数人は、ボブを拘束に来たのだった。 しかしすでに、ボブは消えていた。 彼はある重要な問題を起こし、CIAを裏切り、追われているというのだった。
すぐに姿を現したボブは、ハリスの言っていることの逆を言い、自分を助けて欲しいと言う。 そしてカルビンはこの騒動に巻き込まれていくのだった・・・

これは痛快なアクションでした。
監督はローソン・マーシャル・サーバー、「なんちゃって家族」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14421308.html を見ていますが、あれも気楽に見れるコメディでした。 今作はそれにさらにアクションが加わりましたね。
主演は二人、ケビン・ハートは 「リベンジ・マッチ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14185026.html に出演していました。 そしてロック様、「ワイルド・スピード ICE BREAK」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14890605.html が近作ですが、実は二人はこれから公開作品にも出演しているんですね。
物語は、謎めいて現われた、もと苛められっこで大変身を遂げたボブと、高校時代には万能的な逸材で、今はしがない会計士になってしまったカルビンのコンビでのアクション劇。
カルビンは全く嫌がっているんですが、ボブはどうしても彼の力が必要ということで、どんどん彼を巻き込んでいくんですね。 しかし、カルビンには何か心にわだかまりを抱えているんです。 そして近々同窓会もあるんです。
これに出席するかどうか迷っている、そうあのときのスターだった彼は、今の姿を見せたくないんですよね。
それはボブも同じこと、ロビー時代が大きなトラウマになっています。 実は今の仕事のCIA活動でも、その一端が出ていたのは、本人も気が付いていない部分でした。
これは、なかなか痛快で、面白いアクション。 すっきりとしたラストも爽快です。

イメージ 1
カルビンとマギーはまだ子供がいない

イメージ 2
そこに現れたボブ

イメージ 3
カルビンのハッカー技術に頼ってきた

イメージ 4
しかし彼らはCIAに追われる羽目に

イメージ 5
ボブは相棒を失っていた

イメージ 6