anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

少女は異世界で戦った

2014年作品、金子修介監督、花井瑠美武田梨奈清野菜名、加弥乃出演。

2024年の日本。 原爆による大量虐殺の反省から原子力を封印し、新しい歴史を歩み始めた世界(アナザーワールド)があり、そこでは銃器も完全に消滅して剣が最強の武器として使用されていた。 
戦士として育てられたアリサ(花井瑠美)、レイ(武田梨奈)、マリ(清野菜名)、ミキ(加弥乃)の4人はボス・柳生太一郎(岡田浩暉)の指令の元、謎の侵入者を退治するために剣術と体術で戦っていた。 侵入者は仕留めると消えてしまう。 死体とか痕跡を残さないのだった。
柳生は、4人でたった一人の侵入者と戦うのは、意味が無いと厳しいことを言うが、そんな時さらに新たな侵入者が現れたことがわかった。 ならばという事で、4人はそれぞれターゲットを決め、侵入者退治をしに行くのだった。
4人の強さは際立っており、それぞれの敵を駆逐することに成功するが、いったん消えた侵入者だったが、しばらくして遺体が戻ってくる。
やがて彼女たちは、銃や核でこの世界の征服を目論む陰謀者たちが送り込まれてくるワームホールがあることを突き止めるのだった。 そして大体この地域だという事で、探索を開始するが、戦闘的な服で剣を持っていくわけにいかず、4人はアイドルに偽装してコスプレしたバスで探査を開始するのだった。
I.DOLLSという架空のグループとして行動をしていると、バスを見た子供たちが握手を求めてくる。 こういう人生もあるのかもしれない? 4人はつい別の人生を思い浮かべる。
実は、自分達とそっくりな人間がいるもう一つの世界(アワーワールド)では、彼女たち4人は人気アイドルとして活躍をしていた。 そして侵入者たちはどうやらそちらの世界、核を持った世界から来ているのだった・・・

アクションのできる若手女優4人を集めた、SF作品。 監督は金子修介、「デスノート」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14514942.html 「デスノート the Last name」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14517194.html が一番の代表作ですが、昨年に新作の 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14109287.html も撮っています。
主演の4人でまず花井瑠美、オフィス北野所属で元新体操の選手。 「ジェリー・フィッシュ」 という作品で主演をしています。 一番の年長者ですが。
そして武田梨奈、「デッド寿司」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14455419.html で主演、アクション系の作品に多く出演、主演も張ることが多いですね。
そして清野菜名、「TOKYO TRIBE」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12094650.html では体当たりの演技をしていましたし、「雨女」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14230971.html という4DX専用ホラー作品では主演を演じていました。
そして加弥乃、旧芸名は “増山加弥乃”、私は全く知りませんでしたが、彼女はAKB48の1期生だったんですね。 2007年に卒業しているので、ブレイク前という感じなんですね。 芸能界復帰後は、大きな主演級はこれなんですね。 最近は 「傷だらけの悪魔」 に出演しています。
この作品はパラレルワールド(今作ではアワーワールド)設定で、核のある世界と無い世界、さらに東日本大震災にも触れていて、その時にこの二つの世界がリンクしてしまったという事も触れています。
しかしそういう面よりも今作は主演の4人がノースタントで演じていることですね。 小気味 いいアクションの若手女優を4人集めたことが、この作品の肝であり売りですね。
それぞれ雰囲気を持ち、アイドルとしてのシーンもあり、どっちが向いているかな?という感じで、ミキ役の加弥乃だけが強くアイドルを意識した台詞を言うところが、なかなか元AKB48というフリもあります。
こういう作品は見ていて好きだなあ(^^)

イメージ 1
侵入者と戦う戦士

イメージ 2
4人で戦っている

イメージ 3
彼女たちを指揮している柳生

イメージ 4
侵入者たちがあらわれるワームホールを見つけに

イメージ 5
アイドルに変装

イメージ 6
そそして謎の男がワームホール

イメージ 7