anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ガメラ対宇宙怪獣バイラス

1968年作品、湯浅憲明監督、本郷功次郎、高塚徹、カール・クレイグ・ジュニア、八重垣路子出演。

宇宙空間を猛烈なスピードで地球に接近する謎の宇宙船があった。 そこで見つけた美しい惑星が地球だった。 宇宙船は地球を占領するという選択をした。 そのため侵略を開始しようとしたその時、折しもジェット噴射で飛行中のガメラと遭遇した。人間以外に巨大な生物がいるとは認識していなかった宇宙船は、ガメラのジェット噴射を消化しようとするが、危機を察知したガメラは、火焔を放って地球の危機を救った。
その頃、茅ケ崎海岸ではボーイスカウトのキャンプがはられていた。 世界各国から参加した少年少女たちが、リーダーの島田伸彦(本郷功次郎)や、国際海洋研究所所長ドビー博士(ピーター・ウィリアムス)の指導で海底調査用小型潜水艇の運転訓練を受けていた。
いたずらコンビの正夫(高塚徹)とジム(カール・クレイグ・ジュニア)は潜行中に入り込み、回線を逆に操作した。 島田と博士が潜水艇に乗り込んだが、全部逆に作動して混乱して帰って来る。
そこでメカに詳しい正夫とジムが乗り込み、軽快に運転していると、海の中でガメラに出会った。 大喜びの二人の少年はガメラと遊び興じている。 しかしその時、先ほど破壊された宇宙船の2号機がやってきた。 今度は 初めからターゲットをガメラに絞り、スーパーキャッチ光線を放ちガメラを捕獲した。
うっかり少年たちの潜水艇もキャッチされてしまったが、眠りに入る前のガメラが上手く脱出させてくれた。 突然オレンジ色の光のドームに包まれてしまったガメラ、宇宙人はガメラの過去の記憶をたどり、ガメラの弱点を調べ始めるのだった…

意外に好きな4作目、そしてこの作品は結構昔は放送されていたんですよね。 もう完全に子供の見方のガメラというのが浸透? していましたから冒頭から子供と遊ぶ姿満載なんですよね。
またそれだけでなく、地球を守る用心棒のような、役割をしていて、バイラスの宇宙船の1号機を、撃破してくれるところは頼もしいです。
物語は地球という美しい星を狙うエ イリアンのお話なんですが、もう子供が主役の回ですね。 いままでは、子供好きのガメラの話ですが、主人公は大人の世界でした。 しかし今回は、正夫とジムの二人が完全に主人公、そしてガメラを救出、バイラス船からの脱出劇ともう独壇場です。
まあ子供の活躍する作品は、当時の怪獣映画路線の定番ですし、特にガメラはそこに特化しています。 また、亀という造形なんで、もともとユーモラスで可愛いから、この路線は正解だと思います。
まあ細かく見ると、あまりにもバイラス側がどうしようもなくアホなんですが(^^) それもご愛嬌、しかしバトルシーンは結構ガメラ串刺しシーンなどあり、えげつないんですが。
まあ登場怪獣で一番弱いという定評のあるバイラス、もともと戦闘用の個体ではない感じでしたね。 有名な首チョンパのシーンも、今考えると当時はグロかったですね。 可愛い表現ですが、今は絶対しない画像でしょうね。
これ、何回見たことだろう(^^)

イメージ 1
バイラス船を撃破するガメラ

イメージ 2
しかし2号機は地球に

イメージ 3
そしてバイラスと戦闘

イメージ 4
動けなくなったバイラスだが

イメージ 5
反撃にあうガメラ

イメージ 6