anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

桐島、部活やめるってよ

2012年作品、吉田大八監督、神木隆之介橋本愛東出昌大大後寿々花出演。
 
金曜日、映画クラブの前田(神木隆之介)は部の顧問の片山先生(岩井秀人に呼ばれていた。 前回作った作品が今回一次審査を突破したが、2次では落選した。 しかし次回作はがんばれと言われていたが、脚本は片山が書いていた。 自分たちの作品で勝負したい前田は、勝手に 「生徒会・オブ・ザ・デッド」 を撮影したいと部員たちの前で言い始める。
そんな決心をする前夜、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島がいなくなった。 彼女の梨紗(山本美月)も訳が分からず、親友の菊池宏樹(東出昌大)も知らなかった。
最初はバレー部をやめたことから、騒動が起き始めた。 県大会も近く県の選抜にも入っている桐島だったが、いきなりの退部そして姿を消した桐島に皆が動揺した。梨紗の友達、沙菜(松岡茉優)は宏樹と付き合っているが、彼女がバレー部から聞いたのが発端だった。
宏樹は野球部だったが、サボっていてほとんど部活に行かず、竜汰(落合モトキ)と友弘(浅香航大)とバスケをしていて、桐島を待つために時間を潰している。 またそんな宏樹に恋心を抱く、吹奏楽部の部長・沢島亜矢(大後寿々花)はいつも屋上でバスケをしている宏樹を練習しながら見ているのだった。
ただ映画部の面々だけは、ただひたすら自分たちの作品を撮ろうとしている。果たして桐島はどこに行ったのか?なぜバレーをやめたのか?・・・
 
やっと見ることができた作品です。 この作品は息子と見に行ったのですが、果たして現役高校生はどう感じるのか? そしてはるか昔の高校生の自分はどう感じるのか?そんなことを思いながら鑑賞しましたが、息子の感想は「?」でした。
私も正直ストーリー的には「?」でした。 でも高校生の時の感情、行動、そして人間関係、そんなこともあったかもしれない、そんな思いをしたかもしれない、そんな感じの作品でした。
部活に励んでいるものと、なんとなく帰宅部の生徒の熱さの差、最後の弘樹が複雑な思いでグランドを見つめそれがエンディングとなっていますが、二つの対照的な境遇の生徒たちの両方をこなしていた桐島、ちょっと姿を観たくなる引きづる様な思いの中この映画は幕を閉じます。 ただなかなか私の時代には映画部なんかなかったので、そのあたりは逆に羨ましく思えましたね。
私の高校時代で、2年の時文化祭の出し物で、わがクラスは映画を撮ったんですね。 でも私は部活が忙しくて何一つ手伝えなかったんです。結局数人で撮り上げ大変苦労していたのを覚えています。しかし最後に試写会をしたとき全員の割れんばかりの拍手が、スタッフを大きくねぎらっていました。もしかすると今私が映画を多く見るようになったのは、そんな高校時代の記憶が元になっているのかもしれませんね。と、そんな思い出が湧きあがった作品でした。(G)
 
イメージ 1
映画部のふたり
 
 
イメージ 2
映画館でばったり会う前田とかすみ
 
イメージ 3
吹奏楽部の亜矢
 
イメージ 5
何とか自分たちの作品を撮りたい前田
 
イメージ 6
しかし桐島のことから乱闘に
 
 
イメージ 4
そして
 
イメージ 7