anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

悪の教典

2012年作品、三池崇史監督、伊藤英明主演。
 
裕福そうな家で夫婦が深刻な話をしている。 
 
妻は泣きはらした目で必死に誰かをかばっているが、夫は妻を諭している。 どうやら息子の話をしているらしい。 しかしそこに手に刃物を持った裸の少年が入ってきた・・・
私立晨光学院町田高校では深刻なカンニング対策について教師たちが会議をしていた。 ある一部の生徒のテストが全く同じ傾向の回答をしていた。
校長の灘森正男(岩松了)と教頭の酒井宏樹篠井英介)は蓮実聖司(伊藤英明)の対策に頼っていた。 彼はおそらく携帯を使った手口なので、電波が通じなくすればいいという話をしたが、それは電波法違反となるということで、反対をされてしまった。
物理教師の釣井正信(吹越満)と対策を話し合っていたが、別の方法を立てざるを得なくなってしまった。 
蓮実は生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。 このカンニングの首謀者は早水圭介(染谷将太)だったが、彼は2年1組。 蓮実のクラスの2年4組の夏越雄一郎(浅香航大)と片桐 怜花(二階堂ふみ)とつるんでいた。
怜花は体育教師の柴原徹朗(山田孝之)が安原美彌(水野絵梨奈)にセクハラしているのを見てしまい、蓮実に報告をした。 蓮実は美彌に話を聞き彼女を救ったことにより、彼女と関係を持つようになる。
そしてテストの日、携帯が通じなくなった。 圭介は釣井がやったと思っていたが、釣井は俺のせいではないという。 そして蓮実の過去に対して疑いを持っているというのだった。 そして学校にいじめがあると度々怒鳴り込んでいた、男が謎の事故死を遂げたことから、釣井が蓮実に対する疑いを強めたことから惨劇が起こり始めるのだった・・・
 
いやー三池ワールド全開の作品でした。 絶対R15でした。
原作とかは読まずに行ったので、伊藤英明演じる蓮実教師の背景は冒頭のシーンからしか始めはわかりません。 もし何の情報もなければ、理想的な人気教師にしか見えませんね。
はじめから事件を起こそうとしていたのか? 何かスイッチが入ることによってこの惨劇を起こしてしまったのか? この境目が解りづらいのですが、続編でその辺が多く語られるのでしょうね。
圧倒的な惨殺シーンですが、血こそ出ますが「冷たい熱帯魚」程の猟奇的というところは少なかったです。 むしろあっさりと殺していくという感じですね。 ただ殺すことに慣れている、急所を理解している、また最高の頭脳を駆使して、しっかりと計画をしているところにそのバックボーンが知りたくなる人物象ですね。
所々生い立ちなりは出ますが、隠されている背景があるようですね。 スピンオフも発表されているので、機会あればそのあたりを見てから見直すのもいいようですね。
人を殺す映画って、犯人がなぜ殺すのか?っていうのがその作品の出来を左右すると思いますが、金のため、怨み、恋愛のもつれ、過失、そして快楽や衝動・・
いったいこれはどれに当てはまるのか? 生き残る生徒が続編でどう絡んでいくのかを期待して、パート2を待ちたいと思いました。
 
イメージ 1
理想の教師
 
 
イメージ 2
同僚教師の信望も厚い
 
 
イメージ 3
いつもつるんでいる3人
 
 
イメージ 4
真っ先に疑いを持つ釣井教師
 
イメージ 5
セクハラ教師だけどドラムが上手い柴原
 
 
イメージ 6