anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

パーフェクト・カップル


握手の仕方で左手ってどう使うのか? 彼はそれが天才的だった。 大統領選に出馬した州知事ジャック・スタントン(ジョン・トラヴォルタ)とその妻スーザン(エマ・トンプソン)はキャンペーンに追われる日々。
ヘンリー(エイドリアン・レスター)はジャックのチームに誘われていた。 図書館に訪問して読書クラスの集まりに出席したジャックは、出席者のミーティングで皆の意見を聞きうまくディスカッションしていた。
ある男性の話に耳を傾け、涙さえ浮かべる姿にヘンリーはだんだん心惹かれていた。 同じ黒人の恋人は、黒人の票集めに利用されていると反対だったが、彼はジャックのパーティーに出席した。 妻のスーザンもヘンリーをチームに誘う。 彼の祖父と面識があるのだった。
そしてヘンリーは決心した、チームに入ることを。 ちょっと下品だが、やり手の選挙コンサルタントのリチャード(ビリー・ボブ・ソーントン)、同じくブレーンで、裏で話を付ける男・ハワード(ポール・ギルフォイル)。 
この日は屋台の料理店を営むウィルのところへ来た。 黒人票の取り込みだが、ジャックはうまく支持をつかんだようだった。 しかしジャックは結構隙だらけの男だった。 理想や、人心を掴むスピーチはうまかったが、下半身のしまりはなかった。そしてスキャンダルが次々発覚していくのだった…

このモデルはクリントンですかね。 スキャンダルってこういう大統領選は水面下では結構すごいんでしょうね。
ちょっとこの選挙を戦うチームは規模が小さい感じがしますが、こうしてみると、夫のスキャンダルよりもファーストレディになることのほうがずっと大優先になる演技を、エマ・トンプソンは演じています。 でもたびたび大噴火するところもありますが。
中盤やり手の参謀でリビーという凄腕の女が出てきて、キャシー・ベイツが演じています。 彼女の迫力はみなさんご存知でしょうが、こういう重しの役にはピッタリでしたね。
彼女は「ミザリー」での怪演が有名ですが、この作品でも十分な存在感を出しています。 大統領選という4年に一度のアメリカを挙げてのお祭りの舞台裏をちょっとドタバタ劇で表している作品でした。

イメージ 1
大統領選に出馬したジャック

イメージ 2
妻のスーザンと

イメージ 3
ラジオ出演でアピール

イメージ 4
支持を伸ばしていくが

イメージ 5
こんな姿を見れるのか?

イメージ 6