anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

タイム・アフター・タイム

1979年作品、ニコラス・メイヤー監督、マルコム・マクダウェル デヴィッド・ワーナー メアリー・スティーンバージェン チャールズ・シオッフィ出演。

1893年のロンドン。執筆家としてのみならず、多彩な才能で活躍中の若きH・G・ウェルズマルコム・マクダウェル)の家に友人たちが集まっていた。 彼の新発明『タイムマシン』のお披露目である。
誰もがその性能を信じられず、また実際に機械を試してみることもできず見守る中、ウェルズ家の家政婦が警官の来訪を告げた。 切り裂きジャックの捜査のために、現場付近の家を一軒一軒回っているのだという。
ウェルズの友人であり、この日の会合に遅参したスティーヴンソ医師(デヴィッド・ワーナー)の鞄から血だらけの手袋を見つけた警官は、スティーヴンソンの姿を探した。だが彼の姿はどこにも見当たらず、タイムマシンも消え去っていた。
やがてウェルズたちの目前でタイムマシンが実体化した。 未来に逃亡したスティーヴンソンを降ろした後、自動操縦で戻ってきたのだ。タイムマシンの計器を確認すると、行き先は未来の1979年だった。
「未来世界に殺人鬼・切り裂きジャックを放置しておくわけにはいけない…。」 若きウェルズは時を超えた追跡を決心する。

監督はニコラス・メイヤー、多くの作品がありますが記事は書いていませんでした。
ウェルズ役はマルコム・マクダウェル、「スキャンダル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/06/060000 に出演していました。
切り裂きジャック役はデヴィッド・ワーナー、「タイタニック」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15973943 に出演でした。
そしてメアリー・スティーンバージェン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14342023 に出演でしたね。

この作品もタイムマシーンものです。 これも昔に見た覚えがありますが、H・G・ウェルズと、切り裂きジャックという組み合わせ、なかなか面白かったんで見直しました。 過去と未来の恋ですが、どちらの時代で結ばれるのか?そこもハラハラしますね。