anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミステリと言う勿れ ⑦

2022年作品、松山博昭 品田俊介 相沢秀幸 阿部博行演出、菅田将暉 伊藤沙莉 尾上松也 筒井道隆出演。

第7話 炎の天使編完結! 炎の天使の正体とは…驚愕の真実が明らかに

イカ門脇麦)に導かれて、久能整(菅田将暉)は奇妙な放火殺人事件を調べ始めた。 すると、放火された住居の家族は、親が死亡し子供だけが助かっている。 また、風呂光聖子(伊藤沙莉)たち警察などの情報から、整は虐待された子供が親の殺害を依頼するという“炎の天使”に関する都市伝説サイトがあることを確認。 そして、整は下戸陸太(岡山天音)も放火による火災で両親を亡くした事を知った。

しかし、クリスマスイブの夜、大隣総合病院で行われるイベントの手伝いをして欲しいと陸太に呼ばれて倉庫に向かった整は襲われてしまう。 倉庫には、入院している虐待疑いがある子供の両親も拘束されていた。
それより二日前。 放火殺人事件を捜査する青砥成昭(筒井道隆)たち大隣警察署強行犯一係は、現場に残された炎のマークから、3年前に起きた同様の事件で証拠不十分で逮捕出来なかった井原香音人(早乙女太一)を洗うことになった。 香音人は結局ボヤ程度の放火で逮捕され、医療少年院に服役後、半年前に釈放されたのだが、その後の足取りがつかめない。 だが、イブの夜、青砥たちは放火犯“炎の天使”を扱う都市伝説サイトの管理人、鷲見翼(今井悠貴)も放火殺人事件で生き残った子供だった事を突き止めて事情を聞きに向かう。
その頃、整は陸太の弱点をついて形勢逆転に成功。 “炎の天使”ではないかと問う整に、陸太は自分ではなく先輩だと答えた。 整が先輩に会わせて欲しいと頼むと、陸太はとあるビルの一室へと連れて行き、香音人に引き合わせた。 整は陸太と香音人の関係、放火殺人事件の真相を聞くことになる。

天達春生役は鈴木浩介、「劇場版 奥様は、取り扱い注意」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/03/30/060000 に出演しました。
美吉喜和役は水川あさみ、「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/03/13/060000 に出演していました。
幼少期の整役で柊木陽太、初めて見る子役さんかな?

さてこのお話の後編です。 ライカという女性は本当にいるんでしょうか? 実態はある気はしまし、他人からも見えるところから、まあ幽霊ではなさそうですがね(^^)
この作品、整と刑事たちの微妙な関係がなんともいいですね。 そして犯人に殺伐さがあまりないのも、サスペンスとはちょっと違う感じもしますね。 今回の事件は本当はもっと残酷さを出してもおかしくないんですが、そうはならないんですよね。


f:id:anttiorb:20220410202803j:plain

f:id:anttiorb:20220410202806j:plain

f:id:anttiorb:20220410202814j:plain

f:id:anttiorb:20220410202816j:plain