anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

リトル・シングス

2021年作品、ジョン・リー・ハンコック監督、デンゼル・ワシントン ジャレッド・レトー ラミ・マレック ソフィア・ヴァジリーヴァ出演。

1990年、カリフォルニア州カーン郡。 同地で保安官を務めるジョー・ディーコン(デンゼル・ワシントン)はロサンゼルス郡保安局に呼び出され、最近発生した売春婦の殺害に関する証拠集めに従事するよう命じられた。 ディーコンはジミー・バクスター刑事(ラミ・マレック)と共に犯行現場へ向かったが、そこに広がっている光景に驚きを隠すことができなかった。 と言うのも、犯人の手口が未解決に終わった連続殺人事件―しかも、その事件の捜査を担当していたのはディーコンであった―と酷似していたのである。
翌日、バクスターは現場がある地区を統括する署長:ファリス・テリー・キニー)から「ディーコンは未解決事件に執着するあまり、家庭生活も自分の健康もボロボロにしてしまった。 あいつとこれ以上関わってはいかん」と忠告を受けたが、一方のディーコンはバクスターを手伝うべく既に休暇を取得していた。
次の日の夜、警察は橋の下で新たな犠牲者の遺体を発見した。 犠牲者はまたしても売春婦で、凶器は刃物だったことから、バクスターは一連の事件と繋がりがあることを確信した。 

その頃、ディーコンはいずれの犯行現場にも近い修理店に勤める男、アルバート・スパルマ(ジャレット・レトー)に目を付けていた。 ディーコンは確たる証拠を掴むべくスパルマを尾行したが、いつの間にか撒かれてしまった。 そこで、ディーコンはスパルマを署に連行して尋問することにした。 しかし、スパルマは終始ディーコンをおちょくり続け、有力な証言を吐かせられないまま釈放せざるを得なかった。
ほどなくして、バクスターは週内にも捜査がFBIの管轄になると知らされた。 それはバクスターやディーコンが捜査に関与できる時間が残り少ないことを意味していた。 そこで、バクスターはスパルマとの直接対決に全てを賭けることにした。 いつの間にか、バクスターは事件の解決に対して並々ならぬ執念を燃やすようになっていたが、彼は自分がディーコンのようになっていることを自覚していなかった。 それが思わぬ悲劇を引き起こしてしまう。

監督はジョン・リー・ハンコック、「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15069304 を記事にしています。
デンゼル・ワシントンは、「イコライザー2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15714267 では無敵の男でしたね。
ジャレット・レトーは、「ハウス・オブ・グッチ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/01/18/060000 で熱演でしたね。体つくりがすごいんですよね。
ラミ・マレックは、「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/10/17/060000 で敵役はなかなかでしたね。

今作ではデンゼル演じるジョー・ディーコンが、中盤まで気持ちが悪いんですね。 妙な笑顔、でも仕事は真面目で忠実で性格、しかし何か過去があるそんな男でしたね。 確かに彼と関わっていくと、身が破滅していく、その引き金になる男・これもジャレット演じるアルバート。 この男も怖いというか別の意味で気持ちが悪かったですね。
何か呪われている様な事件に関わった不幸な男たち、そんな印象でした。


f:id:anttiorb:20220131203910j:plain

f:id:anttiorb:20220131203912j:plain

f:id:anttiorb:20220131203921j:plain

f:id:anttiorb:20220131203924j:plain

f:id:anttiorb:20220131203931j:plain

f:id:anttiorb:20220131203952j:plain

f:id:anttiorb:20220131203955j:plain



f:id:anttiorb:20220131203933j:plain