anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

抱擁のかけら

2009年作品、ペドロ・アルモドバル監督、ペネロペ・クルス ルイス・オマール ブランカポルティージョ ホセ・ルイス・ゴメス出演。

盲目の作家、ハリー・ケイン(ルイス・オマール)はかつてマテオという映画監督だった。 彼は道を渡らせてくれた女性に家に上げ新聞を読んでもらい、エルネスト・マルテル(ホセ・ルイス・ゴメス)の死亡を知った。 その女性との情事が終わると、ジュディット(ブランカポルティージョ)がやってくる。 彼は次の作品の構想を語るも、却下された。 ジュディットの息子のディエゴ(タマル・ノバス)は、昼は彼の口述筆記をし、夜はDJをしていた。 

1992年、エルネスト・マルテルの経営するエルマルカピタル社で秘書ををしていたレナ(ペネロペ・クルス)は、医者が休暇を取るせいで胃癌の父を帰宅させられた事を、エルネストに相談すると、彼は彼女の父親のために入院先を手配した。 レナに執着していた彼は、女優志望だった事や売春をしていた事はすでに調べ済みだった。

ハリーの家に、ライ・X (ルーベン・オチャンディアーノ)を名乗る若者が脚本を書いてくれるよう頼みに来た。 ジュディットを通してくれるよう告げると、後日、父の記憶に復讐する息子の話を書いてくれるように頼み、ハリーがそれを拒否すると、ライはきっと再会すると言って帰った。 ハリーはディエゴに、94年の写真の中にライがいるはずだと言って探してもらうと、ライはエルネスト・マルテルの息子だった。そして、同じ引き出しにはリナの写真もあった。
エルネストの息子に会うなと釘を刺し、ディエゴを付き添いに残すと、ジュディットはロケハンへ旅立った。 その夜ディエゴはDJをしているクラブで麻薬中毒を起こし搬送された。大事に至らずハリーの家のベッドに着いたディエゴはジュディットがエルネストの息子を怖がる理由知りたがった。

14年前、1994年。 映画監督マテオの元へ、エルネストの息子と愛人のリナがコメディのオーディションのためにやって来た。 リナが映画に出ることに難色を示すエルネストは、結婚しよう乞い、断られると息子に撮影をビデオ記録させ、映画に出資をして牛耳ろうとした。 撮影が始まると、映画にかかりきりなレナにエルネストは不満を抱き、無理矢理休暇を取らせて彼女を独占し、読唇術家に息子が記録してきた映像で彼女が言っている事を語らせた。 ある夜マテオと会っている所を隠し撮りされている事に怒ったレナが、エルネストの家を出て行こうとすると、彼はレナを階段から突き落とした。 脚を骨折してしまった事へ許しを乞うエルネストに、レナはスタジオに連れて行くように言った。 撮影が終わるまで別れられず、とにかく撮影を終わらせたいレナはマテオと話し、階段のシーンを撮り直し、撮影は事なきを得た。 レナは撮影後も別れなかったが、ある日洗面所で怪我を洗う彼女を見つけたマテオは、どこか遠くへ連れていってと彼女に言われるままに海辺の町へ。 そこでマテオは本を書き始めた。


今は盲目になってしまった男の回顧録のような作品ですね。
監督はペドロ・アルモドバル、「ジュリエッタ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14546566 その他、ちょっとどろっとしたドラマ作品が多い監督ですね。
レナ役はペネロペ・クルス、「WASP ネットワーク」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/07/060000 が近作の記事ですね。
ルイス・オマールは、「EVA<エヴァ>」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13701165 に出演していました。


物語は、今は盲目になってしまった映画監督、今は名前を変えて作家になっていますが、性欲は今でもあり、信号を渡るところを助けてもらった若い女性を情事をしてしまうほど、まだまだ男っぷりがあります。 しかしそんな彼は新聞記事を読んでもらうと、懐かしい名前の訃報が載っていました。 そしてその男と、その頃の情景を思い出します。


ペネロペはこの回想シーンの主人公になっていますね。 エルネストは金も地位もありますが、美しいレナを独占した気持ちで彼女を金で縛っていた、そんな彼女の生活が主軸になっていきます。 10年ちょっと前の作品ですが、近年の作品でも役自体は落ち着いていますが、まだまだ美しい彼女ですね。


f:id:anttiorb:20211125211533j:plain

f:id:anttiorb:20211125211535j:plain

f:id:anttiorb:20211125211540j:plain

f:id:anttiorb:20211125211544j:plain

f:id:anttiorb:20211125211547j:plain

f:id:anttiorb:20211125211550j:plain

f:id:anttiorb:20211125211553j:plain

f:id:anttiorb:20211125211558j:plain

f:id:anttiorb:20211125211606j:plain