anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ケイト

2021年作品、セドリック・ニコラス=トロイアン監督、メアリー・エリザベス・ウィンステッド 國村隼 ウディ・ハレルソン 浅野忠信 ミク・マーティノー出演。

大阪の街をバニラカーが走っていた。広告宣伝トラックにカモフラージュした車内では、暗殺者ケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)とその育ての親ヴァリックウディ・ハレルソン)が、標的を暗殺する準備をしていた。

標的がセダン車で横を通る工場へと乗り込み、その場にいた見張りの2人を素早く片付けるケイト。 高所からライフルで標的を狙い、待機していたところ、標的が娘(ミク・マーティノー)を連れ立って現れた。 予想外のことに動揺するケイト。 子供の前で暗殺することは規則に反するため、任務遂行をためらってしまう。 しかし「撃て」と催促され、ケイトは仕方なく標的を射殺する。 目の前で父親が殺され、泣き叫ぶ子ども。 その様子を見て、ケイトは茫然としていた。
それから10ヶ月が経ち、東京にいたケイトは、仕事を辞めたいとヴァリックに相談する。 ヴァリックは「東京で最大の勢力を誇る組長を仕留めるまで仕事をやめるな」とケイトを留まらせた。
ある夜、バーで知り合った男(ミキール・ハースマン)と一夜を共にしたケイトは、最後の仕事の依頼を受け、六本木へ赴く。 ビルの屋上で標的を待つケイト。 標的の組長が大阪で居合わせた男(國村隼)だったことに気付く。 突如身体に違和感を感じ、遠距離からの狙撃に失敗するケイト。 ケイトの放った弾丸は組長の肩を貫通した。 ケイトはその場から急いで逃走するも、全身を駆け巡る激痛に苦しみ始める。 追手から逃れるために路上に止めてあった痛車を奪い、夜の東京の街を走り抜けた。 やがて猛スピードを出していた車は横転し、乗っていたケイトは意識を失ってしまった。
目を覚ますとそこは病院で、医師からは急性放射線症候群と診断され、突如余命1日と宣告される。 ケイトはバーで出会った男に毒を盛られたのだと確信し、病院を脱出。密かに入手していた男の個人情報をもとに、彼の家へ押し入り、毒を盛った理由を聞き出す。 彼は、木嶋組の佐藤(浅野忠信)という男に唆されてやったことを白状した。
その後、ケイトは放射性の毒物に蝕まれていることをヴァリックに相談し、最後の仕事として狙った標的は誰だったのかを尋ねる。 ケイトが撃ち損じた標的が、東京で最大勢力を誇る木嶋組の組長その人だった。 そして大阪でケイトが殺したのが彼の弟・健太郎(Byron Bishop)だった。

日本が舞台のアクション作品でしたね。
監督はセドリック・ニコラス=トロイアン、「スノーホワイト/氷の王国」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14183895 を記事にしています。
主演はメアリー・エリザベス・ウィンステッド、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/04/060000 に出演していました。すっかりアクション女優になってきている彼女ですね。
國村隼は、「映画 太陽の子」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/08/11/060000 を記事にしています。
そしてアニ役はミク・マーティノー、Netflix作品ですが、これがスクリーンデビューの様ですね。


物語は幼い頃に親を失い、ヴァリックと出会い、殺し屋として育てられたケイトのお話です。 殺しの仕事を完璧にこなせるほど凄腕になった彼女、今回は日本の大阪での仕事でした。 バニラカーに乗ってターゲットのところに、見張りを倒し、ターゲットを打とうとした時、娘が乗っていました。 子供の前では殺しを行わないルールで中止をしようと思いましたが、指令はあくまでもGOでした。 やむなく撃った彼女でしたが、泣き叫ぶ娘の姿が脳裏から離れませんでした。
ルールを無視して殺しを実行させられたことで、彼女はこの仕事を辞めるとヴァリックに言いますが、最後の仕事ということで東京にやってきます。 ここで彼女はある男と一夜を共にしますが、ここから彼女ははめられていました。


今作は、日本とタイでロケされている様ですね。 なかなか許可が出ない日本なので、アクションシーンはタイの様ですね。 確かに昔の日本に似ているタイの街なら違和感は薄れる様です。 続編がない作りですが、日本の馴染みのキャストも出ていることで、一層引き立った面白さがありました。 ただ刀での対決はあまりないと思いますが(^^)f:id:anttiorb:20210916182033j:plain

f:id:anttiorb:20210916182035j:plain

f:id:anttiorb:20210916182043j:plain

f:id:anttiorb:20210916182045j:plain

f:id:anttiorb:20210916182050j:plain

f:id:anttiorb:20210916182052j:plain

f:id:anttiorb:20210916182057j:plain