anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

善き人に悪魔は訪れる

2014年作品、サム・ミラー監督、イドリス・エルバ タラジ・P・ヘンソン レスリー・ビブ ヘンリー・シモンズ出演。

コリン・エヴァンス(イドリス・エルバ)は6人を殺したため、殺人罪で刑務所に入れられた。 5年の服役の後、仮釈放申請を出したが、テネシー州に却下された。 ところが、コリンは役所から刑務所に帰る途中に護衛と運転手を銃で撃って脱走してしまう。
テッリ・グランジャー(タラジ・P・ヘンソン)は赤ん坊のサム、幼い娘のライアン(ミラージュ・ムーンシェイン)とともにジョージア州アトランタで暮らしていた。 テッリの親友であるメグ(レスリー・ビブ)は2人で息抜きをしようとテッリに持ち掛けた。 テッリの夫であるジェフリー(ヘンリー・シモンズ)はテッリを愛していたにも拘らず、テッリに対して非協力的でイラついていた。 ジェフリーは帰宅すると、自分の父親に会いに行くために荷作りをした。
その頃、コリンはアトランタにやって来て、元婚約者のアレクシス(ケイト・デル・カスティーリョ)につきまとっていた。 コリンはアレクシスが浮気をしていた証拠を突きつけたのである。 アレクシスが浮気を認めると、コリンはアレクシスを惨殺した。現場から離れる途中でコリンは自動車をぶつけたため、嵐の中を近くの家まで歩いた。その家はテッリの住む家だった。 コリンはテッリに事情を話した。 コリンが殺人犯だと知らないテッリはコリンを家に迎え入れてしまう。


凶悪な殺人鬼とはちょっと違う感じなんですが。
監督はサム・ミラー、作品を見るのは初めてですね。
主演はイドリス・エルバ、「キャッツ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/05/060000 に出演していましたね。「007」のボンド候補にも上がっている大物俳優さんですが、今作では悪の象徴のような役でした。
タラジ・P・ヘンソンは、「コフィー&カリーム」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/23/060000 が近作出演ですね。


物語は六人を殺した凶悪犯のコリンは、仮釈放を訴えますが、却下されてしまいます。しかし刑務所に帰る途中、とうとう彼は護衛と運転手を殺して脱走してしまいます。 そして向かった先は元婚約者のところでした。 しかし彼女にはもう新しい恋人らしき男がいました。
一方、二児の母のテッリは、仕事を辞め専業主婦になっていました。 しかし夫はいつも留守がちで、彼女の不満は大きくなっています。 その日も帰ってきたと思ったら、父の誕生日の祝いに行くとすぐに外出してしまいます。 さらには外は嵐が来ると予報が出ていて、彼女は家から出る事ができなくなります。
そんな時、元婚約者も殺してしまったコリンが、途中で車をぶつけてしまって彼女の家に何食わぬ顔で救助を求めにきます。


今作はコリンとテッリが、偶然であったような様相を見せ、そこがスリリングな展開、凶悪脱走犯と主婦の心理描写が面白いんですね。 でも最後にもう一捻りあるんですね。 私はなかなか面白かったですが、エルバの立ち位置がちょっと複雑な感じがしましたね。

 

f:id:anttiorb:20210503081147j:plain

f:id:anttiorb:20210503081152j:plain

f:id:anttiorb:20210503081201j:plain

f:id:anttiorb:20210503081204j:plain

f:id:anttiorb:20210503081209j:plain

f:id:anttiorb:20210503081218j:plain

f:id:anttiorb:20210503081220j:plain