anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フィアー・ストリート Part 2: 1978

2021年作品、リー・ジャニアク監督、セイディー・シンク エミリー・ラッド ライアン・シンプキンス マッケイブ・スライ出演。

前作で恋人のサム(オリヴィア・ウェルチ)が、魔女サラ・フィアー(Elizabeth Scopel)の呪いにより殺人鬼と化した。 ディーナ(キアナ・マデイラ)は弟のジョシュ(ベンジャミン・フローレス・Jr)と、C・バーマン(ジリアン・ジェイコブス)のところを訪れた。 彼女は1978年のキャンプ場での惨劇で、唯一生き残った人物であり、C・バーマンならサラ・フィアーの呪いを解くヒントを知っているかも知れない、そんな彼女はディーナたちに、1978年のキャンプ場で何が起こったのかを語ってくれた。
1978年のナイトウィングキャンプ場、学校は夏休みに入り、シェイディサイドと隣の街サニーヴェイルの子どもたちは、恒例のキャンプを行っていた。 女子高生のシンディ・バーマン(エミリー・ラッド)は、子供たちの世話をするボランティアでキャンプに参加していた。 恋人のトミー(マッケイブ・スライ)も一緒で、ヤンチャな子供たちに真面目なシンディは振り回されっぱなしだった。
同じくキャンプに参加しているシンディの妹ジギー(セイディー・シンク)は、周囲から変人扱いされていた。 サニーヴェイルの子どもたちは、ジギーを魔女だと罵っていて、シンディはそんなジギーが心配だったが、妹は反抗的で耳を貸そうとしなかった。
トミーがキャンプの付き添いの看護師メアリー(ジョルダーナ・スパイロ)に、刃物で襲われる。 幸い怪我はなかったが、メアリーは警察に連行された。 シンディは慰めたが、トミーは何故彼女が自分を襲ったのかを気にしていた。

手がかりを探して、シンディたちがメアリーの私物を漁っていると、彼女がサラ・フィアーのことを調べたノートが見つかった。 メアリーは娘のルビー(ジョーディン・ディナターレ)が大量殺人を犯して以来、魔女サラ・フィアーのことを調査していたのだ。
そのノートにはサラ・フィアーの墓の位置も記されていた。 ここからすぐ近くだということで、友人のアリス(ライアン・シンプキンス)とアーニー(Sam Brooks)が、今から見に行こうと言いだしてしまう。


1978年の主役はシンディー役でエミリー・ラッド、映画出演はあまりないようですね。
妹のジギー役はセイディー・シンク、「ガラスの城の約束」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15984968 に出演していました。
トミー役はマッケイブ・スライ、「ストレイ・ドッグ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/10/29/060000 に出演していました。


さて、サラ・フィアーの呪いの謎は過去にあった惨劇だと思ったディーナと弟のジョシュでしたが、そのためにはその時に生き残った人間・シンディ・バーマンに連絡をつけ、なんとか彼女に会うことができました。 そして彼女は忌まわしいあの事件を語り始めます。
シェイディサイドとサニーヴェイルの少年たちは意地を張り合いながら、それでも恒例のキャンプを行っていました。 シンディは高校生なので、仲間と一緒にボランティアで子供たちの世話をしていましたが、優等生で地味な彼女には、変わり者で周りから嫌われているジギーというという妹がいました。
そんな時に看護師のメアリーという女性がいきなりトミーに襲いかかる事件が起きました。 そして彼女の日記を見ると、彼女の娘が過去にある事件を起こしていて、それがサラ・フィアーのこと、そして彼女の呪い、さらには彼女の墓のことまで書かれていました。 そして興味を持ったアリスとアーニーの若いカップルが面白半分に行こうということになりますが、心配なので、シンディとトミーもついていきますが、トミーの様子がおかしくなっていきます。


今作と、前作で、共通に出ているのが保安官のニック・グッドなんですね。 彼の家系は代々保安官ということらしく、なぜか一歩引いたところにいて、彼は危険な目に直接合わないんですね。 そして彼はこの78年の事件ではある重要なことを隠してしまいます。

 

f:id:anttiorb:20210731184621j:plain

恒例のキャンプ

 

f:id:anttiorb:20210731184624j:plain

まじめなシンディ

 

f:id:anttiorb:20210731184628p:plain

変わり者の妹のジギー

 

f:id:anttiorb:20210731184633j:plain

そして事件が起こり

 

f:id:anttiorb:20210731184638p:plain

それを調べるために

 

f:id:anttiorb:20210731184640j:plain

しかしやっぱり現れる殺人鬼

 

f:id:anttiorb:20210731184647j:plain