anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

FUNNY BUNNY

2021年作品、飯塚健監督、中川大志 岡山天音 関めぐみ 森田想 レイニ出演。

ある図書館に、二人組の愛くるしいうさぎが強盗に押し入る。 その目的は、“絶対に借りられない本”を見つけること。 だが、あっという間に捕まり、観念したうさぎの二人組、自殺志願者を見分ける能力を持つ自称“小説家”の剣持聡(中川大志)とその仲間・漆原聡(岡山天音)の口から、事の真相が明かされる。 それは、“絶対に借りられない本の中に、宝の地図が隠されている”というのだが……。

そして月日は流れ、今度は図書館で出会った5人が、とんでもないミッションを企んでいた。 それは、ラジオ局を襲撃し、電波を盗むこと。 剣持の口から語られたのは、まったく売れなかったバンドと、幻の名曲に秘められた哀しい真実。 2つの事件に隠された謎と悲しい真実が明かされた時、おかしくて切ない物語が加速していく……。


やはり原作は舞台劇用に作られた作品でね。
監督は飯塚健、原作脚本も彼のオリジナルのようですが、「ステップ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/26/060000 も良かったですね。
主演は中川大志、「砕け散るところを見せてあげる」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/21/060000 でも主演でしたね。 なんかキャラに共通点のある役でした。
岡山天音は、「ホテルローヤル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/19/060000 が近作です。


物語は、うさぎの頭部の着ぐるみを被った男二人が、閉館直前の図書館に入り込み、司書の服部と、借りようとしていた新見を拘束、そして二人は剣持と漆原という二人組で、彼らは探し物を始めます。 わけがわからず縛られ口を封じられた二人でしたが、実はもう一人残っていた人間が。 自習室にいた遠藤葵が二人を解きますが、探し物に没頭している二人はもう力を振るうわけでなく、一心不乱に何かを探しています。 次第にそれに興味が湧く、服部たち。 そしてその理由とは?


今作は、やはり舞台のような台詞回しで進行していきます。 大きくいって二つの物語は時を隔てて交錯していきますが、亡くなった二人の鎮魂歌のような作品でしたね。 心の迫ってくる物語、舞台として見ても面白いでしょうね。


f:id:anttiorb:20210520161610j:plain

1日おきの24時間営業の店で

 

f:id:anttiorb:20210520161613j:plain

そこから二人は図書館に

 

f:id:anttiorb:20210520161617j:plain

しかしあっさり捕まるが

 

f:id:anttiorb:20210520161621j:plain

図書館ジャックの理由を知り

 

f:id:anttiorb:20210520161624j:plain

一緒に見つけることに

 

f:id:anttiorb:20210520161630j:plain

そしてもう一つのお話

 

f:id:anttiorb:20210520161640j:plain

死んだ仲間のために

 

f:id:anttiorb:20210520161643j:plain