anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダンディー少佐

1965年作品、サム・ペキンパー監督、チャールトン・ヘストン リチャード・ハリス ジェームズ・コバーン ジム・ハットン出演。

1864年、第五騎兵隊B中隊は伝令に出たライアン(マイケル・アンダーソン・Jr.)を残して、狂暴なアパッチの酋長チャリバ(マイケル・ペイト)の奇襲を受けて全滅した。本部ベンリン砦では、ダンディー少佐(チャールトン・ヘストン)が腹心の部下グレアム中尉(ジム・ハットン)と、チャリバ討伐の志願兵を募っていた。 その中には南軍の捕虜や脱走兵もまじっていた。

捕虜の中のタイリーン大尉(リチャード・ハリス)とダンディー士官学校の同期生であり、親友だったが、その友情も今は憎しみに変わっていた。 しかし大尉は、チャリバを討伐するまでという約束で隊に加わった。 チャリバがメキシコの奥地に入ったという報告を受けたダンディーは出発した。 しかし、戦闘で3分の1の隊員を失い、その上チャリバを逃してしまった。

その当時メキシコでは、フランス軍とファレス派の自由メキシコ軍が戦っていた。 ダンディはフランス軍を襲い、武器や馬を奪った。 だがその日から騎兵隊は、フランス軍の大部隊の追撃を受けることになった。 ダンディーは足を負傷し、酒びたりの毎日だったが、彼を救ったのはタイリーンだった。 タイリーンは約束を果たしたら、この手でダンディーを殺すと言った。

監督はサム・ペキンパー、記事は https://anttiorb.hatenablog.com/search?q=サム・ペキンパー といろいろ書いてきたみたいですね(^^)
ダンディー役をチャールトン・ヘストン、「猿の惑星」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15174702 の印象がやはり私には強いですね。今作では若いですね(^^)
そしてタイリーン役でリチャード・ハリス、いろいろありますが「オルカ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13555208 とかを記事にしています。

作られた時点から100年前の設定のお話でした。 時代的には南北戦争中ですが、アパッチが感激を塗って襲いかかってくることから、混成軍を作って戦いを挑むお話ですね。
正直ここら辺りの背景の作品はあまり見ないんですが、サム・ペキンパー監督ということで見てみました。 アメリカの創世記の歴史はあまり勉強していないんで、そこらあたりの背景が頭に入っていれば、もう少し浸れたと思いました。