anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ネメシス

1992年作品、アルバート・ピュン監督、オリヴィエ・グラナー ティム・トマーソン マージョリー・モナハン マーレ・ケネディ出演。

2027年のロサンゼルス、手術によって身体をサイボーグ化する技術が普及し、負傷した身体の一部をサイボーグ化することが普通になっていた。
LA市警の警官、アレックス・レイン(オリヴィエ・グラナー)も身体の一部をサイボーグ化され、LA市警の指令で、犯罪者を射殺するため奔走していた。 ある日、アレックスはデータチップを盗んだサイボーグ女を葬った直後、チップを受け取るはずだったテロリストグループに鉢合わせる。 テロリストたちは一切サイボーグ化しておらず、次々と彼らを倒していくアレックスだが、最後の1人の女に追いつめられる。

女に、人類の未来を守るため機械と戦っていると聞かされ、とどめを刺されそうになったとき、隙をついて女に傷を負わせる。 死は避けることができたが、重傷を負い意識を失ったアレックスは、再び手術を受けて身体の大半をサイボーグ化される。

6ヶ月のリハビリを受けたアレックスは、身を隠していた女を見つけ出し、射殺する。そこにLA市警に勤める、アレックスを警官にさせたジャード(マージョリー・モナハン)と、彼女の相棒サム(Marjean Holden)が現れる。 ジャードは囚人だったアレックスに、出所の条件として警官になることを約束させていた。 しかし仕事に嫌気がさしたアレックスは、警官をやめると彼女に伝える。
その後アレックスは、闇の売人をやり始めるが、向いていないと感じてやめ、職を転々として1年が過ぎる。 ある日、情報屋のマリオン(トム・マシューズ)という男が会いたがっているという噂を聞く。 彼に会いに行くと気絶させられ、元上司のファーンズワース長官(ティム・トマーソン)の元に連れて行かれる。長官と、彼の部下であるジャーメイン(ニコラス・ゲスト)とマリッツ(ブライオン・ジェームズ)によると、5年前に統合されたアメリカと日本について、大統領と内閣総理大臣が会合を開く予定だという。 長官は、その警備プランをジャードが盗んだため、アレックスに、彼女から警備プランを取り戻すよう命令する。 さらに、従わない場合、アレックスの身体に埋め込んだ爆弾を起爆すると警告する。


当時としては遠い先だったようですが、今から数年後にはこんな世界は難しいですね。
監督はアルバート・ピュン、このシリーズをずっと撮っていますが、なかなか続編は見る機会が難しそうです。
主演はオリヴィエ・グラナー、初めて見る俳優さんです。
敵役はティム・トーマーソン、彼も初めて見る感じですね。


物語は、サイボーグが当たり前になった世界です。 元々は怪我をした箇所をサイボーグ化しているんですが、段々と人間とサイボーグが対立をしていきます。 アレックスは重傷を負ったLAPDでしたが、サイボーグ技術によって復帰しましたが、彼は自分を重傷させた女を射殺したことによって、囚人となってしまいます。
しかし彼は元上司に呼び出され、命令を受けます。 心臓に爆弾を埋め込まれたことで逆らえなくなってしまいます。


今作はツッコミどころ満載で、クライマックスのチープ感は逆になんかほのぼのとしていますね。「ターミネーター」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13242979 に通じるところもありますが、機会人間を出すと自然とそういう作りになっていくんでしょうね。


f:id:anttiorb:20210420160408j:plain

f:id:anttiorb:20210420160415j:plain

f:id:anttiorb:20210420160422j:plain

f:id:anttiorb:20210420160426j:plain

f:id:anttiorb:20210420160428p:plain

f:id:anttiorb:20210420160431p:plain

f:id:anttiorb:20210420160434j:plain