anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

デトロイト

2017年作品、キャスリン・ビグロー監督、ジョン・ボイエガ ウィル・ポールター ジャック・レイナー アンソニー・マッキー出演。

1967年7月23日、アフリカ系の退役軍人の功績を讃える式典がデトロイトで催されていた。 市民の注目がその式典に向いている隙を突いて、デトロイト市警察は違法酒場の摘発を行った。 
酒場の経営者が逮捕されたとの一報を受けて、摘発現場にいた人々が警官隊に石を投げ始めた。 こうして始まった暴動はどんどん規模を拡大し、ついには食料品店の略奪や銃撃戦が発生するに至った。 後の世にいう12番街暴動の始まりであった。
デトロイト市当局と市警察では到底対処できない規模の暴動であったため、ミシガン州知事のジョージ・ロムニーミシガン州軍の現地派遣を決断した。 その翌日には、略奪犯の捜査が始まっていたが、暴動の混乱の中では思うように捜査ができるわけもなかった。
捜査に当たっていた刑事の一人、フィリップ・クラウス(ウィル・ポールター)は規則に反して男性を銃撃した。 本来であれば、彼は直ちに現場から外されるはずだが、緊急事態であったこともあって、クラウスは引き続いて捜査に当たることになった。処分が後日下される。
その頃、地元デトロイトの黒人によって結成されたバンド、がデトロイトを訪れていた。 レコード会社と契約するために彼らは東奔西走していた。 音楽堂でのライブ・パフォーマンスが行われる直前に、警察が音楽堂のある通りを封鎖し、ザ・ドラマティックスのバンドメンバーにデトロイトから退去するように命じた。
不本意ではあったが、彼らは警察の命令に従うことにした。 彼らはバスでデトロイトを離れようとしたが、道中、暴徒化した市民にバスが襲撃されて、メンバーは離れ離れになってしまった。
ボーカルのラリー・リード(アルジー・スミス)とその友人であるフレド・テンプル(ジェイコブ・ラティモア)はアルジェ・モーテルに一泊し、取りあえず様子を見ることにした。 2人はモーテルでジュリー(ハンナ・マリー)とカレン(ケイトリン・ディーヴァー)という2人の白人女性と知り合った。 4人で話していると、ジュリーは友達のところに行こうと言い、二人を誘うとそこには4人の黒人がいた。 
その中のカール・クーパー (ジェイソン・ミッチェル)という男がいた。 クーパーはジュリーとカレンの友人なのだという。 何を思ったのか、クーパーはスターターピストルを使って悪ふざけを始めた。 暴動の最中にそんなことをするクーパーに愛想を尽かした2人は、ベトナム戦争の帰還兵であるグリーン(アンソニー・マッキー)の部屋に向かった。 一方、ラリーとフレドは自室に戻った。
民間の警備会社で働くメルヴィン(ジョン・ボイエガ)は食料品店の警護に当たっていた。 その頃、なおも悪ふざけを続けていたクーパーは、警官隊がいる方向に向かって数発の空砲を撃ち込んだ。 クーパーは 「ちょっと怖がらせてやろう」 くらいの安易な気持ちで発砲したが、警官隊はそれを狙撃手による攻撃だと勘違いしてしまった。 アルジェ・モーテルにその狙撃手がいると確信したクラウスは、警官隊を引き連れてモーテルに乗り込んだ。
黒人3人が死亡し、白人3人と黒人6人が重傷を負ったアルジェ・モーテル事件はかくして始まってしまったのである・・・

私はまだ子供の頃でしたが、60年代後半のアメリカでの黒人暴動は、ニュース映像で見て、幼いながら恐かった覚えがあります。
主演はジョン・ボイエガ、今は新スター・ウォーズシリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15277735.html https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13747182.html の中心の役どころをする売れっ子ですが、初めて見たのはまだ少年のころの 「アタック・ザ・ブロック」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6079220.html でしたね。
そしてアンソニー・マッキー、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14111716.html が近作ですが、アベンジャーズシリーズのファルコンで、レギュラーになっていますね。

物語はまずこのデトロイトという地が、黒人労働者が、全盛期の自動車産業の働き手として、多く入ってきた土地という背景がありますね。 日本の自動車会社が、高度経済成長として、アメリカ経済を脅かしつつあるという事は、アメリカがその分喰われ始めていく、その兆しの時という事が背景にあります。 今だに治安が悪い世界のベスト5当たりにランキングされているようですね。
そんな中に起こった不幸な若い黒人のいたずらから起こった悲劇ですね。 デトロイトの市警は、大変ナーバスな状態で、殺気立っている、そして一番過激な警官が対応したことも不幸でしたね。
このフィリップは、完全な差別主義者であり、黒人は危険な存在、殺して当然という感じの心を持っています。 また、殺される前に殺す、後ろから撃っても正当防衛に偽装する狡猾さも持っています。 そして彼に同調する2名の警官、状況はどんどん最悪な感じになって行きます。
主役はメルヴィン役のボイエガですが、彼がヒーローになることはないんですね。 彼も巻き込まれた犠牲者であるだけでなく、犯人とまでされてしまう。 そして彼が、無実の罪に問われ、真犯人は有罪とならない。
もう憤りだらけのお話、しかしこういう題材を取り上げるキャサリン・ビグロー、ごつい作品を作りますね。

イメージ 1
黒人労働者が騒ぎを起こすデトロイト

イメージ 2
後ろから撃ち殺したフィリップ

イメージ 3
州軍も借り出される

イメージ 4
ザ・ドラマティックスの出番はなくなってしまう

イメージ 5
民間の警備会社で働くメルヴィン

イメージ 6