anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ターミネーター


1984年のLA。 閃光とともに、全裸の男が出現した。 彼こそ2029年の未来からやってきた殺人機械ターミネーターアーノルド・シュワルツェネッガー)であった。 ちんぴらを襲って服を奪い、銃砲店で銃を調達したターミネーターは、電話帳でサラ・コナーの載ったぺージを引き裂き、サラ・コナーという名の女性を2人射殺。
ウェイトレスのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は恐くなり、テクノワールなるディスコから警察に電話を入れる。 一方、家ではルーム・メイトのジンジャー(ベス・マータ)が男友達のマット(リック・ロッソヴィッチ)とセックスをしていた。 そこへ、ターミネーターが侵入して2人を射殺。 サラからの留守番電話を聞いてターミネーターはテクノワールに行く。
一方、もう一つの閃光が走った。 そこから出てきたのは、同じように全裸の男。 彼も近くにいたホームレスの男から服を奪うが、見回りの警官に不審者と思われ追いかけられる羽目に。 しかし深夜のショッピングモールに忍び込み、服を奪い、パトカーから銃を奪い夜の闇に消えて行った。
テクノワールで、踊るでもなくただ座っていたサラに、忍び寄る大きな影。狙いを付けられた瞬間、後から現れた男が、大きな男を撃ち倒す。
普通の人間なら即死だが大男は立ち上がってきた。
後から現れた男はサラを連れ、その場から逃げだす。 彼は自分の名前はカイル・リース(マイケル・ビ ーン)と言い、「今から数年後、核戦争が勃発し世界は壊滅。 コンピューターが権力を握り、人間はほとんど全滅しかかっている。だが、ジョン・コナーという男がリーダーとなって人間側が優勢になった。機械側は殺人機械を作り、ジョンの誕生を阻止するため、タイム・マシーンで1984年に送り出した。 僕はジョンの母親の貴女を助けるために来た」と説明をする。
しかしいきなりの事を信じられないサラだった。 しかし大男は必要に追いかけてくるのだった…

何度見たことでしょう(^^)昨年タイに行ったときの帰りの飛行機で、上手く時間調整ができず中途半端に余った時間、これなら音声が英語でも問題ないと思い、ラストのシーンを見ていました。
何度見ても、燃え上がる炎の中から ロボット体になって追いかけてくるところと、上半身だけになっても迫ってくるところは、迫力があり恐いですね。
目の赤いランプが消えるまで、決して油断できない最強の殺戮兵器だなと当時は思っていましたが。
そもそもこの第1作は、ジェームズ・キャメロン自身が資金を出し当時の妻・ゲイル・アン・ハードと共同制作をした作品ですね。 その後離婚した際、彼女にターミネーターの権利をほぼ無償で譲渡したそうです。
また監督自身もシュワちゃんも、この作品で一躍世界に名が知れたもんですね。 しかし見た当時は、これっきりと思っていて、こんなに続く作品になるとは思っていませんでした。
当時の技術なんで、ロボット体以降のシーンはギクシャクしたCGもないいわゆる特撮ですが、それでもおもしろかった。
一番の私が面白かったシーンは、ロボットの目で見る映像ですね。 そして傷つき、人間の皮膚を被り傷ついて行きながら、目玉を流しに捨てたり、 メスを操るところですか。
今回、「~ジェニシス」公開前で、特に1と2は必須と思い記事にしました。 本当にリブートなのか?

イメージ 1
サラ・コナー抹殺の使命を帯びた殺戮マシーン

イメージ 2
サラの救出に来たカイル・リース

イメージ 3
間一髪彼女を救う

イメージ 4
そして二人は逃亡、愛し合う

イメージ 5
しかし執拗に追いかけてくるターミネーター

イメージ 6