anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

キリング・ショット

2011年作品、アーロン・ハーヴェイ監督、マリン・アッカーマン、ニッキー・リード、デボラ・アン・ウォール、ブルース・ウィリス出演。

夜のラスベガス。 金髪美女のテス(マリン・アッカーマン)は、仲間の姉妹ドーン(デボラ・アン・ウォール)とカラ(ニッキー・リード)と共に車を走らせている。 3人は女強盗にしてヤクの売人であり、犯罪組織のボス・メル(ブルース・ウィリス)の命令で、郊外のダイナーに向かっていた。 そこでメルのシマを荒らしている奴らの取引が行われるため、先回りしてトラックで運ばれてくるヤクを取り押さえ、彼らの正体を暴くのが彼女たちの目的だった。
3人は前回の仕事をしくじっており、これ以上の失敗は許されない。 夜の140号線を南下して いた車は、エルモアと名乗る黒人の警官(フォレスト・ウィテカー)に呼び止められる。 警官は目的地まで後ろから着いていくと言い張り、彼女たちは渋々承諾する。 しかし彼は、ある警官を射殺し、その制服を奪ったニセ警官だった。
間もなくしてダイナーに到着する。 店内には、トラック運転手と1組の夫婦らしきカップルとウェイトレスがいた。
店主・フランシーヌ(ジル・ストークスベリー)が何か知っているはずだと判断した3人は、店内に向けて銃を構える。 フランシーヌはライフルを取り出し、カラを射殺する。 激情したドーンはウェイトレスを射殺するが、トラック運転手がドーンを射殺する。 テスは即座に運転手を撃ち殺す。
すると店の奥から、ライフルを構えたコックのビリー(シェー・ウィガム)が出てくる。 ビリーは、テスを殺せばメルから大金が貰えることを告げる。 そこにニセ警官が入ってきて、怯えるカップルを射殺するのだった…

実はこの展開の殺し合いのシーンは冒頭に映し出されます。 だから何が何だかわからないんですが、その後いきなり時間軸が戻り、ここに至った背景、そして誰と誰が関係があり、上下関係があるのかがだんだんわかってくる展開となっていくんですね。
監督はアーロン・ハーヴェイ、作品はこれ1作しか見当たりません。 主演はテス役のマリン・アッカーマンになりますね。 近作は 「ブラック・ファイル 野心の代償」 ですが私は未見です。 「ロック・オブ・エイジズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8652442.html 以来ですかね。
そして3人組の一人・ドーンにデボラ・アン・ウォール、彼女は 「ルビー・スパークス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12431421.html に出演、テレビ作品が多いですね。
そしてもう一人カラ役はニッキー・リード、私はシリーズ自体あまり見ていませんが「トワイライト」 シリーズに出演しているみたいですね。
物語は、3人の強盗団の女性トリオのお話ですね。 そして彼女たちを良いように使うのがメルという組織のボス、ブルース・ウィリスが悪役で登場、もちろん出番は最小限ですが(^^)
そして一番活躍するのが警官に化けるロニーですね。 フォレスト・ウィテカーが珍しくいやらしい役をしています。 どうしても善人キャラが多い彼ですが、たまに悪役だったり、ゲスイ役もありますが、それでもいい人感がにじみ出るんですよね。
タランティーノ的な作りがする作品、でもさすがに彼ほどもキレが感じられない惜しい作品でしたが。

イメージ 1
3人の女強盗

イメージ 2
ダイナーで撃ち合いになり

イメージ 3
コックも応戦

イメージ 4
そこに警官が入ってくる

イメージ 5
そして3人に仕事の依頼をした男

イメージ 6