anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウトポスト

2020年作品、ロッド・ルーリー監督、スコット・イーストウッド ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ オーランド・ブルーム ジャック・ケシー出演。

キーティング前哨基地は、パキスタンアフガニスタンを結ぶ米軍の補給線を維持すると共に、地元民に必要な物資を供給して懐柔する任務を負っていた。 だが、この基地には致命的な弱点があった。 3つの険しい山に囲まれ、包囲する側からは丸見えだが、基地からは包囲する側の動きを目視できなかったのだ。 そのため、度々タリバンの襲撃を受けながらも、敵が少数だったため、これまで事なきを得ていた。

しかし、それは計算されたものだった。 タリバンは襲撃を繰り返す中で基地の防衛能力に関するデータを集め、それを基に攻略のための作戦を立てていたのだ。 そしてある朝、突如、数百人ものタリバン兵が基地を包囲し、猛攻撃が始まった……。


これほど絶体絶命の立地はありません。
監督はロッド・ルーリー、作品を見るのは初めての監督ですが、面白そうな監督作が多いですね。
主演はスコット・イーストウッド、「パシフィック・リム:アップライジング」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15472454 を記事にしています。
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズは、「デッド・ドント・ダイ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/11/060000 に出演していました。
オーランド・ブルームは、「アンロック/陰謀のコード」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15480222 が近作です。


物語は、キーティング前哨基地のお話です。 この基地は三方を崖に囲まれている、敵側からは丸見えの致命的な欠点を持っていました。そこに赴任してきたキーティング大尉。 彼はすぐに地元の兵士たちの協力が必要ということで、現地人たちを集め、長老たちに援助と信用をしてもらいたいと、熱く語ります。 長老たちも彼を信用し、タリバンとの戦いに協力をしてくれることになりました。
しかし、その後大型車の移動の命令が来ます。 途中道幅の狭い崖を通る困難な運転に、大尉が自ら運転することになります。 もちろん彼自身が志願するんですが、ここで事故が起き、彼は亡くなってしまいます。 そこから新任の大尉はなかなか地元民とのコミュニケーションが疎通になってしまい、タリバンに漬け込まれていくことになります。


今作はもちろん実際にあった玉砕的な戦いのお話です。キーティング大尉が殉職したことで、この名前がついたようですね。 何で米軍はこんな地に前哨基地を設営したのか? 誰もがありえない立地であり、まずここが不可思議なんですね。

でも勇敢にも、ここにいた兵士たちは、戦い抜きますが、多くの死傷者を出してしまいます。
死んでから表彰されても嬉しくないけどなあ、そうエンドロールで思いましたが。


f:id:anttiorb:20210323184523j:plain

敵から丸見えの前哨基地

 

f:id:anttiorb:20210323184532j:plain

キーティング大尉が地元民をまとめたが

 

f:id:anttiorb:20210323184545j:plain

しかし事故で彼を失い

 

f:id:anttiorb:20210323184548j:plain

だんだんと地元民との距離が離れた時

 

f:id:anttiorb:20210323184553j:plain

タリバンの総攻撃を受ける

 

f:id:anttiorb:20210323184555j:plain

絶体絶命に陥る兵士たち

 

f:id:anttiorb:20210323184601j:plain