anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アミスタッド

1997年作品、スティーヴン・スピルバーグ監督、マシュー・マコノヒー アンソニー・ホプキンス ジャイモン・フンスー モーガン・フリーマン出演。

19世紀半ば。 屈強な男シンケ(ジャイモン・ハンスウ)は、ライオンを倒したその時から村では英雄となった。 しかし彼は間もなく拉致され、奴隷船テコラ号でハバナに運ばれる。

スペイン人のルイズ(ジェノ・シルバ)とモンテス(ジョン・オーティス)に買われ、53人の仲間と共に鎖に繋がれ、プエルト・プリンシペ行きのアミスタッド号に乗せられた。 長い航海で彼らは飢え、白人たちに殴打され、食糧が不足しそうだとわかって虐殺される者まであった。 港を出て3日目、キューバ沖で荒れ狂う嵐に翻弄される船の底で、シンケはついに鉄の首枷を外すことに成功する。

鎖から放たれ、武器を手にした彼らは、自分たちを苦しめてきた乗務員を次々に惨殺した。 だが船を乗っ取って2ヶ月後、着いたところは故郷ではなくアメリカだった。 舵取り役として生かしておいたルイズとモンテスに騙されたのだ。 シンケと生き残った仲間39人は、コネティカット州ニューヘヴンで投獄され、海賊行為と謀殺の容疑で裁判にかけられた。 しかし、スペイン船籍であるアミスタッド号の「積み荷」の返還を求めるスペイン女王(アンナ・パキン)、自分たちが買った奴隷に対する所有権を主張するルイズとモンテス、船を拿捕したことに対する謝礼としての所有権を主張するアメリカ人将校など、さまざまな横槍が入り、裁判は中断してしまった。

一方、シンケたちの苦境を救おうとする者も現れた。 奴隷解放論者の富豪・タパン(ステラン・スカルスゲールド)と、タパンの資本で新聞を発行する黒人・ジョッドソン(モーガン・フリーマン)である。 ふたりは元大統領のジョン・クインシー・アダムズアンソニー・ホプキンス)に助力を求めるが拒否され、仕方なく法廷で会った若い弁護士ボールドウィン(マシュー・マコナヘイ)を雇った。

裁判が再開され、検事ホラバート(ピート・ポスルスウェイト)は船から押収した武器を証拠として突きつけた。 ボールドウィンの論点はただひとつ、シンケたちがどこで生まれたのかという点だけだった。 法律では、奴隷の子として生まれた者のみ売買が許可される。もし彼らがアフリカで生まれたことが証明できれば、彼らは非合法に拉致されたことになり、船での殺戮行為は不問になる。 ボールドウィンはルイズたちが船に隠しておいた積み荷記録を見つけ出し、法廷に提出した。


四半世紀前になろうかという大作ですね。
監督はスティーヴン・スピルバーグ、「ようこそ映画音響の世界へ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/19/060000 に出演していました。最近は監督作がありませんね。
主演はマシュー・マコノヒー、「セレニティー: 平穏の海」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/05/14/060000 が近作ですが、今作で共演していたジャイモン・フンスーと久しぶりの共演でしたね。
そしてフンスーは、「チャーリーズ・エンジェル(2019年版)」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/05/060000 に出演していました。


物語は19世紀の奴隷制度全盛期の狭間の作品ですね。 シンケは故郷の村では勇者でした。 しかし拉致され奴隷船に乗せられ、ハバナに運ばれます。 彼の過酷な運命の始まりでした。


今作はじっくりと奴隷制度の末期が学べる作品ですね。 オスカーを撮った作品もある奴隷制度、差別の境地のようなテーマには、未だに注目度が上がります。 しかし作品として見ていると、やっぱり辛いですね。 現地の言葉しか話せないシンケ、そして面白いのは通訳をしながら、彼の言葉ではない単語が結構あり、ニュアンス、コミュニケーションがなかなか難しいところですね。
多くの奴隷のために拉致された人間は、途中で海に捨てられたり悲惨な人生を送った多くの人間たち、心が締め付けられるようでした。


f:id:anttiorb:20210301195947j:plain

f:id:anttiorb:20210301195950j:plain

f:id:anttiorb:20210301195953j:plain

f:id:anttiorb:20210301195956j:plain

f:id:anttiorb:20210301195957j:plain

f:id:anttiorb:20210301200029j:plain