anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ひとよ

2019年作品、白石和彌監督、佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子出演。

15年前のある大雨の夜、稲村タクシーの営業所では3兄妹が母の帰りを待っていた。 そこに帰宅してきた母親のこはる(田中裕子)は震える声で「さっき、お父さん(井上肇)を殺しました」と告げる。 父親の家庭内暴力はすさまじく、酔えば子供で容赦なく苛烈な暴力を浴びせ、家族は怯えて暮らしていた。 そしてついにこはる夫を手にかけたのだった。 こはるはこれから出頭する、15年後には戻ってくると言って3兄妹を残して去っていく。
その後、長男の大樹(鈴木亮平)は地元の電気工務店の娘・二三子(MEGUMI)と結婚、雇われ専務として過ごしている。 吃音のある大樹は大人になっても引っ込み思案な部分が抜けないのだった。
次男の雄二(佐藤健)は小説家になる夢を持って上京したが、実際には風俗系のフリーライターの仕事しかしていない。
妹の園子(松岡茉優)は地元のスナックで働いている。
それから15年後のある夜、こはるが帰ってきた。 社名は変わったものの、コツコツとタクシー会社を親戚や昔馴染みに心から感謝しながらこはるはまたかつての家で暮らし始める。
タクシー会社には社長の丸井(音尾琢真)、事務員の柴田(筒井真理子)、雄二たちと昔なじみの牛久(韓英恵)や歌川(浅利陽介)、それに入ったばかりのまじめな中年の堂下(佐々木蔵之介)が働いていた。
こはるに対してどうしたものが分からないでいる大樹と園子は雄二を呼び出す。 雄二は密かに自身の体験を記事にしていいて、それがタクシー会社の嫌がらせの材料になっていたりもしていた・・・
 
これはなかなかの秀作ですね。
監督は白石和彌、「凪待ち」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15984186.html もいい作品でした。
主演は佐藤健、「サムライマラソン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15891817.html が近作ですね。
 
物語は、母の殺人、事故から始まります。 酔うととてつもない暴力を子供たちにふるう父を見かねて、母は自分の運転するタクシーでひき殺してしまいます。 そして自首をして服役していくんですが、3人の子供たちに15年経ったら帰ってくると言い残します。
そして皆成人したある日、それはきっかり15年後でした。 それぞれの人生を歩んでいる3人でしたが、またそれぞれ苦悩を背負っていました。 その大きな部分は、彼女の起こした犯罪によるものだったかも。
 
今作は、冒頭の母が夫を殺すシーンは、まあ同情を押さえられませんね。 あの暴力から子供たちを守るのは、別れるだけでなく、存在を消さないとダメでしょう。 DVの恐ろしさに震えるシーンなんですが、ほおっておくと、いつか子供たちか、父のどちらかが誰かを殺してしまったかもしれません。 その役目を敢えて母が背負った。
でも、それを子供たちはわかっているのか? もちろんわかっているんですが、そのあと残された3人が歩んだ人生は、殺人犯の母を持った十字架だったのが、なんともやるせないんですよね。
白石監督の間違いなく代表作でしょうね。
 

f:id:anttiorb:20191129220211j:plain

母がかえってきた

 

f:id:anttiorb:20191129220219j:plain

しかしそれは

 

f:id:anttiorb:20191129220227j:plain

感激よりも驚きだった

 

f:id:anttiorb:20191129220235j:plain

苦悩する3兄弟

 

f:id:anttiorb:20191129220243j:plain

元の家族に戻れるのか?

 

f:id:anttiorb:20191129220250j:plain