anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

Lifers ライファーズ 終身刑を超えて

2004年作品、坂上香監督。

アメリカに10万人あまり存在するというLifers――ライファーズ終身刑、もしくは無期刑受刑者)に焦点を当てたドキュメンタリー。

犯罪者の更生プログラム“AMITY(アミティ)”に参加しているライファーズの活動を追い、彼らが他の受刑者たちの更生に果たしている役割と、彼らの心のうちを見つめていく。
TV番組の取材を通じて犯罪者の更生施設“アミティ”を訪れるようになった坂上香監督は、そこで更生し社会の中で生き直そうとしている多くの元受刑者たちと出会う。 彼らは一様にかつては罪を繰り返し何度も逮捕された経験を持つ凶悪な犯罪者だったという。 しかし、いまではそうした過去をまるで感じさせない穏やかで優しい人ばかり。“どうして変わることができたのか”との質問に、彼らは決まって“ライファーズのおかげだ”と答えるのだった。 そこで坂上監督は、取り返しのつかない罪を犯し、一生を刑務所で過ごさなければならないかもしれないライファーズのことをもっとよく知るため、彼らに会い、彼らがどのように罪と向き合い日々を過ごしているのかを探っていく。


川越スカラ座で、坂上香監督作品が3本かかりましたので見にいきました。
翌日はトークショーがあるということでしたが、日程の関係で公開日に行ってしまったのは残念でしたが。
今作は、アメリカの終身刑、もしくは無期刑受刑者にスポットを当てたお話でした。 日本にはない終身刑、しかし一生出れないわけではなく、服役中の更生が認められれば再審のようなことが行われ、保護観察付きで仮出所できる制度があるんですね。 でもそれは大変ハードルが高く、もし殺人事件ならば、遺族も同意しないといけないという、受刑者にとっては大変重い関門があります。
また、アミティという更生プログラムがあるんですね。 その指導に当たる人たちはやはり元受刑者で、自分の贖罪のためか、受刑者たちを構成させる仕事についているというんですね。
アメリカの自浄作用の一端をみれる今作で、日本にもこういうシステムがないのか?と思いました。
やはり犯罪の再犯率というのは高いと聞きますし、務めを終え出所した後、なかなか職につけず、そしてまた犯罪に染まっていく。 しかし監督の三作目にその答えが少し回見えますが。

 

f:id:anttiorb:20201011155414j:plain

終身刑の受刑者の刑務所

 

f:id:anttiorb:20201011155416j:plain

終身刑だが、再審を受ける

 

f:id:anttiorb:20201011155421j:plain

今は家庭を持っている

 

f:id:anttiorb:20201011155424j:plain

そして受刑者の手助けを

 

f:id:anttiorb:20201011155433p:plain