anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カンフー・ジャングル

2014年作品、テディ・チャン監督、ドニー・イェン ワン・バオチャン チャーリー・ヤン ミシェル・バイ出演。

ある武術一門の一番弟子であり警察学校の教官を務めていたハーハウ・モウ(ドニー・イェン)は、他流試合で対戦相手を殺してしまい服役する身であった。
ある日、南拳の達人が撲殺されるという事件のニュースをテレビで見たハーハウは、その事件の陣頭指揮を執るロク警部(チャーリー・ヤン)に会うために刑務所で乱闘騒ぎを起こす。 3年間模範囚であった彼がなぜそのような事を起こしたのか、面会に来たロクに対し、ハーハウは犯人が功夫の達人であり今後犠牲になるだろう何人もの名前を口にして事件解決の協力をする代わりに自分を釈放しろと要求する。
それを取り合わなかったロクだったが、言った通りに第二の殺人が起こったことからハーハウを仮釈放し捜査に協力させることになる。 手掛かりは凶行現場に残された古い武器のレプリカのみ。
犯人は功夫修得の口伝の順番で次々とチャンピオンをその相手の技で仕留めていた。 一足違いで第三の殺人が行われた現場で、ハーハウは容疑者を発見、追うが逃げられてしまう。 そして自らも捜査班の前から姿を消してしまうのだった。
ハーハウは故郷中国佛山にいた。 殺人犯を出したことで寂れてしまった一門を師匠の娘シン・イン(ミシェル・バイ)がかろうじて守っていた。 失意のうちに亡くなってしまった師匠の位牌の前で悔いるハーハウ。 そして殺人現場に残されていたものと同じ武器のレプリカを彼女の元に届けに来た男がいた事を知る。
男の名はフォン・ユィシウ(ワン・バオチャン)。 口伝通りなら次のターゲットは武器王である。 ロク警部にそのことを知らせると警察とともにふたたびハーハウは犯人を追う…
 
これは面白い設定でしたね。
監督はテディ・チャン、「アクシデンタル・スパイ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14739008 を記事にしています。
そしてミシェル・バイ、今作で初めて見た、美しいアクション女優さんですね。
ワン・バオチャンは、「アイスマン 宇宙最速の戦士」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15845993 でも共演をドニーとしています。
 
物語は、事故で対戦相手を殺してしまい、服役をしているハーハウが、巷で起きているある事件から、刑務所で乱闘事件を起こします。 そう、南拳の達人が殺されたことから今後起こる連続殺人事件を予期したからでした。
初めはロク警部はその話を信じませんでしたが、第二の殺人が起き、彼の意見を取り入れ、同行させます。そしてハーハウは、兄弟弟子のシン・インも狙われるだろうと予測していました。
 
今作はワン演じるフォンが恐ろしいほど強いんですね。 一人一人、相手と同じ拳で殺していくのは、殺人マシーンのような強さと残忍さがありますが、もちろんそれには彼なりのわけがあるんですね。 二人の戦いは圧巻です。
 

f:id:anttiorb:20200825183400j:plain

模範囚だった彼が暴れる

 

f:id:anttiorb:20200825183405j:plain

そして連続殺人事件の捜査に加わる

 

f:id:anttiorb:20200825183418j:plain

そして犯人は?

 

f:id:anttiorb:20200825183422j:plain

あらゆる拳を習得した男

 

f:id:anttiorb:20200825183428j:plain

そして戦いは続くが

 

f:id:anttiorb:20200825183431j:plain

犯人のフォンには、悲しい過去があった

 

f:id:anttiorb:20200825183437j:plain