anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

目撃者

2018年作品、チョ・ギュジャン監督、イ・ソンミン キム・サンホ チン・ギョン クァク・シヤン出演。

音楽を鳴らし夜の街を走り抜ける車を、帽子を深く被った男(カク・シヤン)が運転している。 車のトランクには女(チョン・ユミン)が閉じ込められていた。 車はガソリンスタンドに入り、店員が給油を始めるが、トランクの中から物音が聞こえる。 店員は不審を覚えるが、運転していた男は音楽のボリュームを上げ、トランクからの物音をかき消す。 スタンドを出た車は山道を進んでいく。
山の中に車を止め、男は穴を掘り、トランクを開けると中の女は飛び出して男を殴り、必死に逃げ出す。
同じ日の日中、保険会社に勤めるサンフン(イ・ソンミン)は、妻スジン(チン・ギョン)の知り合いの、娘が交通事故にあった母親の訴えを聞いていた。 事故現場には目撃者を求める看板が立っていたが、事故を証言する者もなく、サンフンは力になれないと告げ、形通りに頭を下げる。 サンフンは事故の件を会社の同僚に警察を頼っても無駄と語り、妻には他人の事は放っておけと告げる。 彼はそんな男だった。
居酒屋で同僚たちと飲み、マンションを購入した事を持ち上げられ泥酔するサンフン。皆と別れ深夜、独りで家路につく。 郊外の山のふもとに建つマンションに住むサンフン。先程男から逃れた女が、その明かりを目指し必死に進んでいた。
エレベーターで4階の住人の女と乗り合わせた際、彼女を驚かせてしまったサンフンは詫びる。 不安そうな表情の彼女は、悲鳴が聞こえたと訴えるが、何も聞いていないサンフンは困惑する。彼女を見送ってサンフンは自宅のある6階に向かう。
午前2時頃、帰宅したサンフンは、暗い部屋で起こさぬ様に愛娘ウンジ(パク・ポム)の寝顔を眺め、缶ビールを開けソファーで飲み始める。 その時、外から女の悲鳴がした。 何事かと思うサンフンに、今度は助けて下さいと叫ぶ、女の声が聞こえてきた。サンフンは窓から様子を窺う。
マンションの敷地内にある花壇の傍で、帽子の男が若い女の頭を、ハンマーで殴りつける姿が目に入る。 思わぬ光景に固まったサンフン。 警察に通報しようと電話を手にするが、夫の帰宅に気付き目を覚ました妻のスジンが、部屋の電気を点けてしまう。 犯人に気付かれてしまうと思い、サンフンは慌てて電気を消す。 夫の行動を不審がるスジンを何とか誤魔化し、サンフンは慎重に外の様子をうかがう。
犯人の男がこちらを見ていると知り、身を隠すサンフン。 住居が知られたと思った彼は警察への通報を断念する。 犯人は指で灯りのついた部屋の階数を確認していた。 犯人が乗り込んでくるのでは、との恐怖からバットを手に玄関を守るサンフン。 いつしか眠ってしまった彼は、悪夢で目を覚ますのだった…
 
ちょっと極端な事なかれ主義でしたが。
監督はチョ・ギュジャン、作品を見るの初めてです。
主演はイ・ソンミン、「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/12/28/060000 が近作出演ですね。
そしてキム・サンホ、刑事役で出演していますが、「ザ・ネゴシエーション」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/09/07/060000 に出演しています。
 
いきなりの凶悪事件。 誘拐なのか、拉致なのか、女性がトランクに入れられ、殺すことを目的に閉じ込められています。 しかし一瞬の隙をついて逃げ出したのは良かったんですが、逃げ込んだ団地の住人は、関わり合いを極端に避ける集団でした。
悲鳴も聞こえた人間は、たった二人。 そしてその一人が保険会社のサンブンでしたが、彼は尻込みをして通報を怠ります。 そして次の日、頭部を滅多打ちにした女性の死体が。 しかしそれでも彼は、自分が目撃したことを言い出せません。
 
今作は、このマンションの売値が下がることを嫌う、身勝手な住人のお話ですね。 それも助けを求めたのが住人ではなかったので、警察にも協力しないおふれが回ります。ここまで極端な無関心、韓国社会はこうなんでしょうかね?
しかし最後の決着のつけ方が、ディザスタームービーでしたが(^^)
 

f:id:anttiorb:20200820191438j:plain

女を滅多打ちにする犯人

 

f:id:anttiorb:20200820191444j:plain

そして明かりのついた部屋を

 

f:id:anttiorb:20200820191449j:plain

サンフンは目撃していたが

 

f:id:anttiorb:20200820191455j:plain

チャン刑事は目撃者を探すが

 

f:id:anttiorb:20200820191459j:plain

サンブンは頑なに見ていないと言い張る

 

f:id:anttiorb:20200820191508j:plain

しかし事件はさらに広がってしまう

 

f:id:anttiorb:20200820191516j:plain