anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ファイティン!

2018年作品、キム・ヨンワン監督、マ・ドンソク クォン・ユル ハン・イェリ出演。

アメリカ・ロサンゼルス。 子どもの頃に韓国から養子に出されたマーク(マ・ドンソク)は、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、アジア人への偏見を持たれ八百長疑惑をかけられてしまう。 その結果、アームレスリング協会を除名され、何もかも諦めたマークの今の職業はクラブの警備係をしていた。
そんなマークの前に現れたのはスポーツエージェントを名乗るパク・ジンギ(クォン・ユル)だった。 彼はクラブに借金を作ってしまい、マークに同郷の好で、アームレスリングで借金をチャラにして欲しいと頼んでくる。 人の良いマークはその頼みを受けるが、勝った相手がここのクラブのお客で、警備係を首になってしまう。
馴れなれしくマークを 「兄貴!」 と呼ぶジンギは、何とかマークを誘い、承諾させることに成功すると、韓国で行われる大会に招待する。 養子に出されて以来、ふたたび韓国にやって来たマークは、ジンギから教えられた実母が住む家の住所に向かう。
しかし、どのような顔で母親に会えば良いのか分からないマークは、勇気を出すことも出来ずにやむなく立ち去る。
その様子を部屋の中から見ていたのは、ジュニョン(チェ・スンフン)とジュニ(オク・イェリン)という2人の子どもとその母親スジン(ハン・イェリ)だった。
一方のジンギはサラ金業を営むユ・チャンス社長(ヤン・ヒョンミン)に近づき、アームレスリングを利用したスポーツ賭博の話を持ちかけ、マークを利用した儲け話を勧める。
その話にうまみを感じたチャンス社長は、マークに確実に八百長をさせる条件をジンギに約束させる。 ジンギは 「できる」 と答えた後、マークにはチャンス社長がアームレスリングのスポンサーになってくれたと説明して、うまく丸め込むのだった。
マークはふたたび実母の家に行き、家から出て来たスジンの後をつけると、南大門にある商業ビルのある一角に入って行くのを見かける。 そこは安い衣服を販売するスジンが営む衣料店があった。
一方でスジンもビルのなかでマークたちがどこかに向かうことに気がつくのだった。スジンはチャンス社長の賭場で腕相撲に参加するマークの姿を見つけ、マークもまたスジンがいることに気がつく。
母は自分以外に子供がいたのだろうか? スジンはもしかしたら妹なのかもしれない。 なかなか声をかけられないマークだった・・・

さてアームレスリングの韓国作品ですね。
監督はキム・ヨンワン、今作が長編デビュー作のようです。
主演はマ・ドンソク、「犯罪都市」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15493311.html が近作でした。 あの作品では腕っ節が強すぎる刑事でしたが。
そしてクォン・ユル、「殺戮にいたる山岳」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15020978.html が近作です。
スジン役はハン・イェリ、彼女も同じ作品に出演していました。

物語は、幼い頃の養子に出された韓国人のお話です。 しかし彼の養父母は亡くなってしまい、さらにはアームレスリングでチャンピオンになったのに、韓国人ということで疑惑を作られ、協会を除名されてしまい、今は警備員をしているんですね。
そこに近づいてきたのが詐欺師のような男・ジンギでした。 彼は言葉巧みに、何とか金儲けをしたくて仕様がない、そんな軽い男に見えるんですね。 そして、いち早く韓国に逃げたジンギが、マークを呼ぶという流れになってきます。
マークはやはり郷愁の心があり、母に会いたい一心で韓国に帰ってきます。 そしてジンギに教えられた母の実家に行くんですが、そこに母はもういない、1年前に亡くなってしまい、二人の子持ちの女が住んでいます。 ということは彼女は妹、子供達は甥っ子、姪っ子。
アームレスリングの映画といえば、「オーバー・ザ・トップ」 という映画がありましたが、どうやらこの作品を見てマークはアームレスリングを始めたような設定になっています。
マ・ドンソクならではの役、最後はしっかりと決着が付くスキッとした作品です。

イメージ 1
ロスで警備員の仕事をしているマーク

イメージ 2
しかし首になり韓国へ

イメージ 3
そしてジンギに丸め込まれ

イメージ 4
アームレスリングを

イメージ 5
そしてふたりと

イメージ 6
彼女と出会う

イメージ 7