anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アンチグラビティ

2019年作品、ニキータ・アルグノフ監督、ライナル・ムハメトフ アントン・パンプーシュニー ルボフ・アクショノーヴァ ミロシュ・ビコヴィッチ出演。

事故に遭った男(ライナル・ムハメトフ)が目を覚ますと、異様な世界が広がっていた。 あらゆる建物や地面が、重力を無視して浮遊している。 記憶も失っており呆然としていると、突如得体の知れない黒い怪物が襲い掛かってくる。
間一髪で何者かに助けられた男は、ヤン(コンスタンチン・ラヴロネンコ)という男が率いる彼らの住処に案内される。 そして、ここは昏睡状態の人間たちが暮らす脳内の世界だと知らされる。 男と同じく、彼らもまた現実世界では昏睡状態だというのだ。この世界の時間の流れは前日世界の100倍遅く、昏睡状態から目覚めるまで抜け出せない。 さらに"死に神(リーバー)"と呼ばれる怪物が彼らを襲う。 いつか目覚める事を信じて、永遠に近い時間をリーバーと戦い続けなければならなかった。
一方ヤンは、この世界にリーバーがいない島があると信じていた。 そして、男がその場所を知っているというが―。
 
これはなかなか難解でしたが面白かったです。
監督はニキータ・アルグノフ、作品はこれくらいしか見当たりません。
主演はライナル・ムハメトフ、初めて見るロシアの俳優さんです。
ヒロイン役はルボフ・アクショノーヴァ、彼女も初めてですね。
 
物語はどうやら大事故に遭った後、目が覚めると、自宅のようなんですが、様相が違います。 自分が作った建築模型はありますが、それが一回壊れて修復されていく、驚いて外に出ると、一回崩壊した人間が。 さらに外に出ると、無秩序な世界、重力を無視した世界が広がっていました。
誰か人間を探しますが、誰も不自然な壊れたような姿ばかり、その時、黒い奇怪な悪魔のような物体が襲い掛かってきます。 そこに、4人の軍人のような男女が現れ、救出してくれます。 どうやら彼を探してくれていたようで、あるところに連れて行かれます。
その世界は、夢に出てくる歪な世界観。 それもそのはず彼はのちにそれが現実ではないことを教えられ、体は昏睡状態でその時に見ている世界、脳内世界だと知らされます。 それが他の人間と同じ世界観を共有しているということですが、記憶はなかなか取り戻せず、彼は“建築家”だったことからそう呼ばれます。
 
今作はおそらく新型コロナ騒動がなければ、劇場スルーになったかもしれない作品だと思われます。 でもロシア作品もなかなか近年面白く、しっかりとした大きな世界観や、アクション大作、SF作品もどんどん作られていますね。
今作も独自の世界観を作り出しているSF作品でした。
 

f:id:anttiorb:20200713192626j:plain

彼が目を覚ますと

 

f:id:anttiorb:20200713192629j:plain

異様な世界

 

f:id:anttiorb:20200713192634j:plain

重力を無視した世界で彼女に助けられる

 

f:id:anttiorb:20200713192638j:plain

悪魔のような黒い存在

 

f:id:anttiorb:20200713192642j:plain

彼が先頭のリーダー

 

f:id:anttiorb:20200713192647j:plain

そして指導者のような男

 

f:id:anttiorb:20200713192651j:plain