anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

映像研には手を出すな! 実写版ドラマ ③

2020年作品、英勉監督、齋藤飛鳥 山下美月 梅澤美波 出演。


第參話
期間限定で同好会としての仮認可が下った映像研。 正式認可に向けた次のハードルは、2ヶ月後の予算審議委員会でしかるべき活動実績を発表すること。 映像研の3人はさっそくオリジナルアニメの制作に取り掛かろうとする。 ボロボロの部室を修理し、水崎家から豪華なソファも運び込まれ、アニメを作るための動画机までが首尾よく手に入った。
準備は整ったかのように思えたが、なかなか企画が浮かばない浅草(齋藤飛鳥)と、企画がないと絵が描けないツバメ(山下美月)。 しびれを切らした金森(梅澤美波)は、「だったら、私が考えた企画で!」と言い、自身の企画を自信満々に披露する。 しかし、金森が披露した企画は、「パン男」や「引き出しロボット」といった絶対に手を出してはいけないものばかり。 次々と企画を繰り出す金森に浅草とツバメは大焦り。慌てて浅草はネタ帳を金森に差し出す。
そのネタ帳に書いてあったのは、砂漠と森の世界、個人防衛戦車・PDT、ガスマスクの少女、これはわりと、ひょっとして、上手くいってしまうのではないだろうか!  手応えを感じる映像研の3人。 しかし、これが、ツバメと金森が浅草を見た最後だった。


生徒会長役は小西桜子、「初恋」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/22/060000 でヒロイン役をしていますが、今作の高校生役とは全く違う汚れ役でした。
さかき・ソワンデ役のグレイス・エマが良いですね。 14歳のモデルですが、なかなか度胸の据わった演技を見せてくれています。 今作で初めて見るハーフのお嬢さんですね。


さて、一応追試の権利を取った3人ですが、肝心の企画が出てきません。 浅草頼りですが全く進まないので、とうとう金森が案を出しますが、どれも有名なアニメのパクリばかり。そして切羽詰まって行く3人でしたが。


f:id:anttiorb:20200611195945j:plain

チャンスをもらった3人だったが

 

f:id:anttiorb:20200611195949j:plain目を離すと遊びに入る二人

 

f:id:anttiorb:20200611195952j:plain

そして苦戦する企画

 

f:id:anttiorb:20200611195956j:plain

金森案は速攻却下