anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アンドロイドコップ

2014年作品、マーク・アトキンス監督、マイケル・ジェイ・ホワイト チャールズ・S・ダットン カディーム・ハーディソン ランディ・ウェイン ジェラルド・ウェブ出演。


2037年、大地震によって崩壊したロサンゼルスのゾーン12に、ハモンドマイケル・ジェイ・ホワイト)と相棒は薬局などを襲うデックス(Greyson Lewis)ら一味と銃撃戦になっていた。 そこには身を潜めていた市長の娘のヘレン(Larissa Vereza)がいた。
ハモンドは相棒に逃げるデックスを追うように指示し、デックスは隔離区域に逃げ込むと、システムでもある自動式機関銃が銃撃してきた。 デックスへの攻撃は止まるが、ハモンドの相棒は銃撃され、命を落としてしまう。 ハモンドは部隊と共に、レベル3区域へと向かうが、地震により核融合炉が破壊された場所で、犯罪者の巣窟となっていた。 ターゲットはデックス、また、麻薬ルートを潰すことも目的としている。
部隊が内部に侵入すると、放射能中毒で変異したものがいた。 長くゾーンにいるのは危険。 デックスは内部におらず、1人の男と仲間が出てくる。 ハモンドは必要なものがあれば渡すと交渉する。
男は証拠保管室にある物など要求する。 錠剤と液体のヨウ素剤や抗生物質、スコッチ、皮下注射針、コーラ。 コーラは冗談だと言う。 ハモンドは外から指令を行っているミルス巡査部長(George Kokkoris)に連絡して頼む。

交渉が成立して、ハモンドら部隊はさらに奥に侵入していく。 扉の先には血だらけの老婆が座っていた。 彼女は自らの腕を外して、銃を取り出して撃ってきた。 また、隠れていたデックスも撃ってきて、ハモンドらと銃撃戦になる。 デックスは一緒にいたヘレンを逃がし、老婆と共に部隊と戦う。 デックスの仲間は射殺され、老婆は投降してくる。 デックスは逃亡していくのだった。
ミルスは応援要請をしていた。 そこに全身黒いアンドロイドコップ(ランディ・ウェイン)が応援にやってきた。
ハモンドがデックスに銃を向けられてピンチの時、アンドロイドコップが助けに来る。アンドロイドコップは仲裁に入ってきて、強い体を披露するのだった…


なにかに似ている作品ですね(^^)
監督はマーク・アトキンス、「PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15756479 を記事にしていますし、もう数本ありますね。
主演はマイケル・ジェイ・ホワイト、「トリプル・スレット」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/09/19/060000 を見ています。 悪役ばっちりでした。


物語は大地震で崩壊したロス。 核戦争後のような感じですが、それは核融合炉が破壊されたことからでした。 レベル3は崩壊した世界の吹き溜まり地域となっていて、そこにはデックスというリーダー的でずるがしこい存在がいました。 相棒を殺されたハモンドは、デックス確保に躍起になっていますが、そこに市長の娘のヘレンがいました。
今作はもちろんアンドロイド・コップの登場から活躍がメーンですが、実はある仕掛けがあるんですね。 そして市長にもある考えがあります。 さらに言えば、この世界はちょっとバーチャル的な色合いもあるように感じられます。

アンドロイドというのが、現実と仮想空間のはざまの存在に感じられる作品だと思うんですが。


f:id:anttiorb:20200408204756j:plain

正義感が強いハモンド

 

f:id:anttiorb:20200408204746j:plain

デックスを逮捕しようと追っているが

 

f:id:anttiorb:20200408204806j:plain

そして現れたアンドロイドコップ

 

f:id:anttiorb:20200408204802j:plain

無敵の強さ

 

f:id:anttiorb:20200408204809j:plain

素顔もさらす

 

f:id:anttiorb:20200408204814j:plain

そして二人は中心部に

 

f:id:anttiorb:20200408204817j:plain