anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ザ・コールデスト・ゲーム

2020年作品、ウーカシュ・コシミツキ監督、ビル・プルマン ロッテ・ファービーク ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ出演。


1962年、元数学教授のマンスキー(ビル・プルマン)はニューヨークの酒場で賭博をして稼いでいたが、ある夜、元教え子を名乗る女性からの接触を受けた直後に、睡眠薬を打たれて輸送機に乗せられた。 到着したのはワルシャワアメリカ大使館であり、数日後に開催されるチェスの米ソ親善試合にチェスプレイヤーとして参加するようにと言われる。

実は親善試合の裏側では米ソの諜報戦が繰り広げられており、キューバ危機の最中において、アメリカ政府はジョン・ギフトと呼ばれるソ連の政権中枢にいる内通者と接触し、ソ連核武装にかかる情報を入手しようとしている…


チェスとキューバ危機、面白い取り合わせですね。
監督はウーカシュ・コシミツキ、初監督作品でしょうか?
主演はビル・プルマン、「イコラーザー2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15714267 が近作ですね。
そしてロッテ・ファービーク、「きっと、星のせいじゃない。」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12748290 に出演していましたね。


物語はアメリカの元数学教授が、米ソの一触即発の危機に巻き込まれるお話です。 キューバ共産国家に寝返り、アメリカはのど元に親ソ国家が誕生し、それをきっかけに第3次世界大戦か?となってしまいます。 そんな時マンスキーが謎の男たちに拉致されます。 そして気が付くとワルシャワにいました。 そこでソ連の代表とチェスの試合をすることを言われます。

酒におぼれ、ギャンブル付けになっていたマンスキー、しかしチェスにおいては天才的なプレーヤーの側面があった彼、実はその戦いの時にある人物との接触を指令されます。


今作はチェスを知っていればという感じではありません。 対決シーンはありますが、いったい誰がジョン・ギフトなのかが最大の焦点ですね。 そしてもう一人、彼の周りにうろつくポーランド人がいます。
キューバ危機はぎりぎりで回避され、劇的なケネディフルシチョフのホットラインが功を奏しますが、裏でこんなドラマがあったとしたら面白いですね。


f:id:anttiorb:20200329201613j:plain

いきなり拉致されたマンスキー

 

f:id:anttiorb:20200329201616j:plain

そしてワルシャワ

 

f:id:anttiorb:20200329201629j:plain

そしてチェスを

 

f:id:anttiorb:20200329201636j:plain

ソ連の代表と

 

f:id:anttiorb:20200329201643j:plain

彼は天才的な腕を持っていたが

 

f:id:anttiorb:20200329201650j:plain

しかし彼にはある人物との接触

 

f:id:anttiorb:20200329201658j:plain