anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

母さんがどんなに僕を嫌いでも

2018年作品、御法川修監督、太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也出演。

幼い頃から、美しい母・光子(吉田羊)のことが大好きだったタイジ(小山春朋)。 しかし、家の中にいるときの光子はいつも情緒不安定で、タイジの行動にイラつき、容赦なく手を上げるのだった。 そんななか、夫との離婚問題が浮上し、タイジの存在が不利になると考えた光子は、9歳のタイジを児童保護施設へ入れてしまう。
1年後。 良い条件で離婚した光子は、タイジとその姉・貴子を連れ、新しい家で暮らし始めるが、そこでもまた不安定な生活を送ることになる。
17歳になったタイジ(太賀)は、ある日、光子から酷い言葉と暴力を受けたことをきっかけに、家を出ることを決意。 ただ日々を生きていくだけのなか、タイジは幼い頃に唯一自分の味方をしてくれた工場の婆ちゃん(木野花)と再会、自分への強く優しい想いに心を動かされるのだった。
努力を重ね、やがて一流企業の営業職に就いたタイジは、社会人劇団にも入り、金持ちで華やかだが毒舌家のキミツ(森崎ウィン)と出会う。 そんな彼に戸惑いながらも、次第に打ち解けていくタイジは、会社の同僚・カナ(秋月三佳)やその恋人・大将(白石隼也)とも距離を縮めていくのであった。
大人になって初めて人と心を通わせる幸せを感じたタイジは、友人たちの言葉から、自分が今も母を好きでいることに気付き、再び母と向き合うことを考え始める。 そんなある日、長らく絶縁状態だった光子から連絡を受けたタイジは、光子の再婚相手の葬儀に出席するが、光子から冷たくあしらわれてしまう。 だが自分から変わることを決めたタイジは、食事を作るため光子の家へ通い、もっと母のことを知ろうと叔母のもとを訪ねる。
そこで、母の幼い頃の苦労を聞かされたタイジだったが、母が亡き夫の残した莫大な借金を背負っていることを知る。 その借金を巡り、光子とタイジは口論。 そしてまたも光子はタイジを拒絶するが…

歌川たいじの自伝的なお話です。 小説家で漫画家ということですが、なかなか辛い人生ですね。
監督は御法川修、「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8890001.html 「人生、いろどり」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8689530.html を記事にしています。
主演は太賀、「十年 Ten Years Japan」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15761604.html の “美しい国” に出演、そして 「50回目のファーストキス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15542288.html にもいい役ででていましたね。
そして吉田羊、「ハナレイ・ベイ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15738524.html が前作の出演ですが、今作の母親は、いわゆるモンスターペアレンツ、DVの母親ですね。 ちょっとひどい・・・でもその理由もあるんですが。

物語は、幼少期ちょっと肥満だったタイジのお話です。 小さい工場を持っている会社の社長婦人の光子は、美人でやり手で、奥様達のリーダー的存在。 しかし家の中ではいつもピリピリして、タイジに当たりまくるんですね。 そしてどれがどんどんエスカレートしていきますが、そんなタイジの安らぎは、“婆ちゃん” という存在の古くからいる従業員のおばさんでした。
祖母代わりということなんですが、婆ちゃんがいるからタイジは何とかやっていっています。 学校でもいじめの対象らしく、でも彼は何とか頑張っているんですが、ある日肥満を何とかするという理由で、1年間施設に入れられてしまいます。 婆ちゃんは猛反対しますが、大好きな母と婆ちゃんが言い争うのを見て、タイジは自ら行く事を決めます。
しかし帰って来たら光子は離婚、姉と一緒の3人の生活になり、さらに激しくDVが始まります。 そして17歳になりとうとう彼は家から逃げ出します。

今作は、ちょっとこの少年があまりにも不憫で、母親に対してやり返さないのが不思議なくらいでした。 17歳くらいになれば、力では負けないでしょうが、おそらくもしかしたら衝動的に怪我をさせる、殺してしまうと思って出て行ったのかもしれません。
母親との関係は変わるのか? 根深く報われない母への思慕、見ていてつらい作品なんですが、泣けるシーンもありました。

イメージ 1
綺麗でそつの無い母

イメージ 2
しかしタイジは虐げられていた、婆ちゃんだけが拠りどころ

イメージ 3
そして母は離婚、そして17歳でとうとう家を出る

イメージ 4
劇団に入り知り合ったキミツ

イメージ 5
カナと大将とも仲良くなる

イメージ 6
そして婆ちゃんと再会した時

イメージ 7
母ともう一度向き合う事を決めるが

イメージ 8