anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

長いお別れ

2019年作品、中野量太監督、蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山崎努出演。

2007年秋。 東京郊外の東家の母・曜子(松原智恵子)は、離れて暮らす娘たちに電話をかけ、父・昇平(山﨑努)の70歳の誕生パーティーに誘う。 長女・麻里(竹内結子)は夫の新(北村有起哉)の転勤で息子・崇とともにアメリカに住んでいる。
次女・芙美(蒼井優)は、スーパーで働きながら、カフェ経営の夢も恋人との関係もうまく行かず、思い悩んでいる。 
娘たちが帰省すると、中学校校長も務めた厳格な父が半年前に認知症になったことが告げられる。 
2009年夏。 移動ワゴン車でランチの販売を始めた芙美は売り上げが伸びず悩んでいた。 麻里は夏休みを利用して崇とアメリカから帰省する。 昇平は 「帰る」 と言って家を出て行ってしまうことが増えた。 崇が昇平を探しに行くと、昇平は芙美の中学時代の同級生・道彦(中村倫也)と一緒にいた。そこに移動ワゴン車の芙美が合流する。
昇平が生まれ育った家に帰りたがっているのではないかと考えた麻里は、両親と崇を連れて昇平の生家に向かう。 そこで、東京オリンピックの年に出会った両親の思い出を聞く。
2011年春。 芙美は道彦と付き合い始めるが、離婚した妻と娘と楽しそうに過ごす彼の姿を見て終わりを悟る。 ある日、再びいなくなった昇平を、持たせていたGPS携帯を頼りに探しに行く。 昇平は遊園地で、知らない子どもとメリーゴーランドに乗っていた・・・

つい先日 「ばあばは、だいじょうぶ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15961771.html を見ていますが、今作もテーマは似ていますね。
監督は中野量太、「湯を沸かすほどの熱い愛」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14528883.html が前作でした。 ラストの独特な衝撃が強烈でしたね。
主演は蒼井優電撃結婚には驚きましたが(^^) 近作は 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15536487.html を記事にしています。
竹内結子は、「コンフィデンスマンJP」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15963524.html が公開中ですね。
そして松原智恵子、「笑顔の向こうに」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15879351.html が近作出演でした。

物語は、校長先生までした父・昇平が痴呆の症状が出てきてしまった家族のお話ですね。 二人に娘のうち長女は夫の仕事の関係で、息子と3人ですんでいますが、一向に英語を覚える気が無く、一人英語がいつまでたってもでした。 息子は、金髪の子が好きになり、夢中なんですが、お世辞にも可愛い子ではありません。
そして次女は、自分の店を出す夢を持ってスーパーで調理の仕事をしていますが、なかなか実現は遠いんですね。
そしてゆっくりと病状は進行していきます。

今作は、ともすれば、悲惨な方向にも行ってしまう痴呆がテーマですが、妻の頑張りと、二人の娘も要所で駆けつけ、特に独身の次女・芙美は、なにかと駆けつけてくれます。 中野監督らしく、厳しいところと笑いの配分が実に良いんですよね。
短編時代から見ていますが、どんどん実力が磨かれていく、そんな監督の成長を見るのも楽しいんです。
次はどんな作品を作って、撮ってくれるのかが楽しみです。

イメージ 1
誕生日に集まった家族

イメージ 2
長女はアメリカに

イメージ 3
次女は独身で

イメージ 4
そして外に出ていてしまった父を

イメージ 5
そして父の帰りたかった場所は

イメージ 6