anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

怪獣総進撃

1968年作品、本多猪四郎監督、久保明 田崎潤 アンドリュー・ヒューズ 小林夕岐子出演。

二十世紀の終り。 地球上の怪獣はすべて、小笠原諸島周辺の海洋牧場の怪獣ランドに集められ、コントロール・センターの研究材料になっていた。 ある日、怪獣ランドが不思議な霧につつまれ怪獣が、その恐暴性を発揮したのだ。
世界中の各首都が、ゴジラモスラ、バラゴンによって破壊されようとしていた。 この非常事態に対処すべく命令された日開発基地のSX3号は、機長山辺(久保明)の指揮の下に地球に帰ってきた。 しかしコントロールセンターの大谷博士(土屋嘉男)や技師真鍋克子(小林夕岐子)は、キラアク星人にリモート・コントロールで動かされていたのだ。
白衣の美女の姿をしたキラアク星人(愛京子)は地球征服を目ざし、怪獣ランドを占領、怪獣たちを自由に繰っていたのだった。 山辺たちは大谷博士を奪還したが、博士はそのまま死んだ。
一方、克子はキラアク星人の手先となって怪獣操縦機を持って東京に姿を現わした。 山辺はそんな克子のつけている耳輪がキラアク星人のリモコン装置と見破り、これを外して克子を地球人に戻してやった。 また地球の科学陣も必死にキラアク星人の前線基地の所在を探し、それが月面の “カッシー噴火口” にあることをつきとめた・・・

さて 「ゴジラ」 新作の前に、なにか東宝作品をということで。
監督は本多猪四郎、3作品 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%CB%DC%C2%BF%C3%F6%BB%CD%CF%BA&sk=1 を記事にしていますが、まあいつか新しいブログで書庫を作りたい監督ですね。
主演は久保明、まあ特撮怪獣作品は人間のキャラは二の次ですが、久保さんは正義の人という存在の役が多いで 「日本のいちばん長い日」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15522822.html に出演していました
そして小林夕岐子、東宝作品に多く出ていますが、なんと言っても「ウルトラセブン  第9話「アンドロイド0指令」 ですよね!

物語は、怪獣ランドに今まで出現した怪獣が集められ、しっかりコントロールされ、ここが彼らの楽園になっているという絶対監視下に置かれた怪獣たち。 しかしここから、怪獣たちが逃亡、全世界を破壊し始めるというお話です。
もちろんそれを仕掛けた悪役がいて、それがキラアク星人でした。

今作は東宝の怪獣路線が劇的に復活した作品になっており、まあここまでサービス良く総登場させる事ができればそうなるでしょうね。 後に改題され、再映されたこの作品、私はその時にスクリーンで見ました。
ただ、旧ゴジラでは、キングギドラが完璧にやられる唯一の作品ですね。 大概は逃げ出して終りなんですが、この作品は完全決着というのも、子供心に結構溜飲が下がりました(^^)
それぞれに見せ場があり、本当にちょい役がバラン(^^)アップシーンが一瞬で、絡みませんでしたね。 細かいところまで見ると結構面白いんですよね。

イメージ 1
怪獣ランド

イメージ 2
ゴジラもここに

イメージ 3
しかしここから怪獣たちが脱走

イメージ 4
各国を襲い始める

イメージ 5
しかし、キラアクのコントロールを奪還

イメージ 6
キングギドラとの戦いに

イメージ 7
そして粉砕

イメージ 8