anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

生贄のジレンマ <中>


卒業を一週間前に控えた三年生たちは突然学校に縛りつけられ、時間毎に訪れるタイムリミットに怯えながら生贄を待っていた。
そんな中、バニーのいう救済措置が施され、甘言に乗った生徒たちは校舎に横付けされたコンテナの中に捨てられて死んでしまう。 公平であるはずのゲーム提示側に騙されたこともあり、生徒たちはますます懐疑的になり、思わず投票してしまった生徒のために全員で投票して罪をかぶり合ったり、また他の生徒のために身を投げる恋人たちもいた。
生贄の穴に飛び込んだ生徒が一定数を超えると生贄の穴の価値が下がってしまう中、篠原(須賀健太)は極限状態の中で理香(竹富聖花)と思いを伝え合い、次のタイムリミットの時は傍にいることを誓うが、八組の生贄の不備を見抜いた篠原はクラスメイトを助けるために、理香を助けるために投票してしまう・・・

さて、中編になります。 上編で、助かったと思った生徒達でしたが、校門から出たとたん苦しみ死んでしまう生徒達、そうゲームは終わってなかったんですね。
重要キャラで出演の木ノ本嶺浩仮面ライダーシリーズに出演しているようですが、私は初めて見る若い俳優さんでした。

物語は、まだゲームが進行しているという事を突きつけられ、愕然としたところから始まります。 生贄が出ると、時間が1時間伸びるだけ、ケームクリアではないんですね。 それは苛酷な時間が増えただけ、そして誰も指名しないと、2組のように全滅してしまうという、必ず誰かを生贄にするか、誰かが穴に飛び込み犠牲になる、でもそれは延長しかされない現実を全員が把握します。
しかしその中に、ゲームの終了、さらには脱出を試みる生徒が現われます。
さて、「下」 はいよいよ解決編です。 謎がある程度明かされることになるんでしょうか?

イメージ 1
結局赤い線は消えなかった

イメージ 2
投票をしないと全員が死んでしまう

イメージ 3
ならば地下は安全か?

イメージ 4
そして生き残りを狙う生徒も

イメージ 5
篠原は時計の付いた腕を切り落として、みんなを救おうとするが

イメージ 6