anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トランスポーター

2002年作品、ルイ・レテリエ 、 コリー・ユエン監督、 ジェイソン・ステイサム スー・チー マット・シュルツ フランソワ・ベルレアン出演。

フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は、黒いBMW735i(E38)を愛車とする運び屋:トランスポーターである。 高額な報酬と引き換えに、どんな品物も時間厳守で目的地に運ぶことを生業としている。 そして彼は自分の仕事に対して 「契約厳守」 「依頼者の名前は聞かない」 「依頼品を開けない」 の3つのルールを課し、同時に運び屋としての信用を得ている。 また、彼は特殊部隊に5年いた経歴を持ち、その天才的な運転技術と共に各種格闘術にも長けている。
フランクはある組織から仕事を請け負い、品物の大きなバッグを受けとり目的地へ向かう。 しかし、輸送中に車がパンクをする。 修理のためにトランクをあけると品物が動いているのに気づく。 はじめは無視を決め込むが、自らに課したルールの1つ 「依頼品は開けない」 を破ってバッグの中身を開けると、中には手足を縛られ口をテープで封じられた中国人の女(スー・チー)が入っていた。 フランクは女に飲み物を与え、トイレに行きたいという要求を聞いてやるが、そのために森の中に逃げられてしまう。
しかしすぐに捕まえ、目的地に届けて契約を遂行する。 そこで再び荷物を運ぶ依頼をウォール(マット・シュルツ)から引き受けたフランクだが、立ち寄ったドライブインでジュースを買って車に戻ろうとしたところ車が爆発する。 殺されかけたフランクは怒り、依頼主のところに行き復讐を果たす。 しかしウォールは不在で、組織のアジトから車を奪い逃走するが、車の中には最初に届けた中国の女性、ライ・クワイが乗っていた。 フランクはライを置き去りにするに偲びず、家につれて帰る。
フランクの車の爆発の事でタルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)が事情聴取に来るが、ライの機転で上手にかわす。 その後、組織のボスが手下とともにフランクの家を急襲する。 危機一髪で二人はなんとか脱出するが、フランクはそもそも仕事のルールを破った事を後悔し、ライと別れようとする。
しかしライから組織が人身売買を行い、ライの家族も被害に遭ってる事を聞き、組織から人々を救い出す事を決心し再び組織に乗り込む・・・

この1作目が衝撃的でした。
監督はルイ・レテリエ 、 コリー・ユエンの共同監督、ルイ・レテリエは、「インクレディブル・ハルク」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6132887.html が代表作で、「グランド・イリュージョン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10510165.html も撮っていますね。
主演はジェイソン・ステイサム、この作品で知りましたが、凄まじいアクションは当時衝撃を受けました。 近作は、「MEG ザ・モンスター」 
https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15679229.html ですね。
そしてスー・チー、近作は 「グレート・アドベンチャー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15456001.html となりますね。 チャーミングだったこの頃ですが、近作ではしたたかな役でした。
そしてこの3部作通して出演するのがタルコーニ警部役のフランソワ・ベルレアン、今のところこのシリーズでしか見ていないようです。

物語は、BMW735iに乗って、高額の運び屋をする男の物語。 しかし運ぶものは厄介なものばかり。 それは人間であったり、強盗であったり、貴重なものだったり。 そして今回は強盗と、女の子でした。
強盗は下ろした後にあっさり捕まりましたが、その次の女の子から彼独特のルールが破られ、痛い目にあってしまうんですね。 家は壊され、警察に捕まり、散々ですが、ここから彼なりのけじめのつけ方が始まります。
まずは顔見世のスカッとした作品でした。

イメージ 1
なんと運んでいたのは女の子

イメージ 2
テープをはがすが

イメージ 3
そしてトラブルに巻き込まれる

イメージ 4
そして戦いに突入していく

イメージ 5
そしてコンテナーヤードに

イメージ 6