anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

コーヒーが冷めないうちに

2018年作品、塚原あゆ子監督、有村架純 健太郎 波瑠 林遣都出演。

時田数(有村架純)が働く喫茶店・フニクリフニクラには奇妙な都市伝説があった。 それは、店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというものだが、それにはとても面倒くさいルールがあった。
それは、過去に戻ってどんなことをしても現実は変わらない、過去に戻れる席には先客(石田ゆり子)がいて、その先客が席を立ったときだけその席に座れる、過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが覚めてしまう間だけで、コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない、過去に戻っても喫茶店を出ることはできない、過去に戻ってもこの喫茶店を訪れたことのない人には会うことはできない、というもの。
すべてのルールを守ったとき、優しい奇跡が起こる。 不思議な噂を聞いた客や常連客が、連日喫茶店を訪れる。
噂を怪しみながらもやってきた三十路前のキャリアウーマン・清川二美子(波瑠)、なにか訳ありそうな常連客の高竹佳代(薬師丸ひろ子)と房木康徳(松重豊)、なぜか妹の久美(松本若菜)から逃げ回る平井八絵子(吉田羊)、過去に戻れる席にいつも座っている先客の謎の女。
そして、数に想いを寄せ始める新谷亮介(健太郎)。
過去に戻れるコーヒーを唯一淹れることができる数も亮介に導かれ、心に秘めた過去に向かい合う・・・

この作品も予告編が長く流れていました。 ファンタジーなんだろうなと思っていましたが。
監督は塚原あゆ子、テレビの演出を数多くやっていますが、映画は初監督ですね。テレビ作品では宮部みゆき作品を多く手がけているようです。
主演は有村架純、近作は 「ナラタージュ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15179117.html です。 あの作品もちょっと陰のある役でしたが、今作も出だしはそうでしたね。 もっともこの展開だと仕方がないですが。
そして石田ゆり子、「僕だけがいない街」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13996181.html が近作の映画ですが、ここでも悲しい母親役をしていましたし、設定も似ている感じです。
茶店のマスター役で深水元基、「映画 みんな!エスパーだよ!」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13432861.html を見ていますが、今作では味のある役ですね。 いつも3の線のキャラで、結構いい体系なんですっぽんぽんをやっていますが(^^)

物語は不思議な喫茶店のある現象のお話です。 諸条件が厳しいんですが、過去にもどれるというお話です。 運命は変わらない、でも何か言い忘れたこと、やっておきたかったこと、そんな心のとげが人間誰しもあるんですね。 しかしちょっと怖い、そしてその席にずっと座っている謎の女性の存在も、なかなか挑戦できない理由です。
もしこんな喫茶店があって、そんな席があったら、自分だったら戻りたいかなあ? そんなことをずっと考えてみていく作品ですね。 言い残したことが人生には多すぎる気もしますが。

イメージ 1
数の働く喫茶店

イメージ 2
彼女が座っている席が問題の席

イメージ 3
二美子は彼に会いに

イメージ 4
康徳は佳代に会いに

イメージ 5
そして彼女は妹に

イメージ 6
会いに行くのだが

イメージ 7