anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

「夕凪の街 桜の国 2018」の現場から

2018年作品、川栄李奈出演。

アオゾラカットなどで女優として活躍している川栄李奈こうの史代さんのマンガ 「夕凪の街 桜の国」 を原作としたドラマに出演。 物語の舞台でもある広島の広島平和記念資料館などを訪れる。
彼女は被爆者の女性に話を聞く。 そして怖い思いをした記憶について尋ねると、常にあると答える。 そして思い出したくないのでずっと黙っていたと。 そして、恐怖を抱えて行きてきた人の言葉の重みを感じた。
「夕凪の街 桜の国 2018」 の撮影が行われたのは、豊後高田市。 彼女はセットなどを見てタイムスリップしたようだと感じる。
そして、ドラマの舞台となった広島中区の河川敷を訪問。 この場所には原爆スラムと呼ばれるバラックが立ち並んでおり、当時の様子を知る人に現場の見取り図などを見せてもらう。
今回のドラマではそれらの資料を元にスタジオにバラックを忠実に再現。 また最新技術を用いて川のそばにそのバラックを表現し、当時の様子をリアルに再現していた・・・

映画版を見ようかな、今年は見返そうかな、と思っていた矢先にNHK広島で、製作された 「夕凪の街 桜の国 2018」、その出演者のりっちゃん=川栄李奈がこの作品を紹介する番組です。
女優として日々成長しているりっちゃんですが、今作はちょっとある意味分岐点になる作品となるかもしれません。
私はこの作品の原作を昔に読んでいますし、原作者のこうの史代さんの大ファンですからね。
この番組は、本作の宣伝で作られています。 しかし、彼女自身が広島に行き、ドラマの中の平野皆実を演じる上で、非常に重要な経験をする、そしていろんな体験談を聞く貴重なドキュメンタリーになっていました。
演じる上で、原作も読んでいるようなりっちゃん。原作者のこうのさんとのシーンもありました。
コミックスでのセリフの使い方、ドラマになったときの微妙な違いを質問していましたが、コンパクトに書くコミックスと、動きで表現するドラマの違い、彼女はそれを上手く表現できたんでしょうか?
平成と、昭和。体験は、語り継がれ、記憶はいろんな媒体で残されていきます。 しかし忘れてはいけないのは、この残酷な事象を繰り返さないことですね。

イメージ 1
原作を読んだのはだいぶ前になります

イメージ 2
製作発表、ヒロインの面々

イメージ 3
撮影は寒い時だったそうです

イメージ 4
再現されたセット

イメージ 5
そして広島を訪ねる

イメージ 6
原作者のこうのさんと