anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダウン・バイ・ロー


ルイジアナ州ニューオリンズ。 ジャック(ジョン・ルーリー)は、チンピラでポンびき。情婦ボビー(ビリー・ニール)にあいそづかしされているところへ、縄ばりをはり合っているギグ(ロケッツ・レッドグレア)に騙されて投獄されてしまう。
一方、ザック(トム・ウェイツ)は、リー・ベビー・シムズの名でディスク・ジョッキーとして結構売れていたこともあるが、ジャガーを一時間運転するだけで1000ドルの報酬という話にのって、ワナにかけられて逮捕される。
こんな2人が、OPP(オリンズ・パリッシュ・プリジン)の同じ獄房に入れられた。 むっつりとしたザックと態度の大きいジャックは、初対面からうまくいかない。 そこにロベルト(ロベルト・べニーニ)という変なイタリア人旅行者がぶち込まれてくる。
彼はカタコトの英語で2人に話しかけ、3人はスクリーム(叫ぶ)とアイスクリームをかけ合わせたジョークを発しながら騒ぎたてる。 ロベルトは殺人で投獄されたのだという。
ロベルトの発案で、3人は堂々と脱獄してしまい、川を渡り野や森をぬけてようやくボート小屋にたどりついた。 そこでジャックとザックは、これからミシシッピーに向かうかテキサスに向かうかでいがみ合う。
翌朝ボートで川をのぼる3人。 ボートは、しばらくすると同じ風景に戻ってしまい、浸水して沈んでしまう。 先導した奴が悪いと口論が始まり、とっくみ合う彼ら。 ザックはDJ調に森の観察をしゃベりつづけ、ジャックは人生をぼやき、ロベルトは母が得意だったといううさぎ料理の話を夢中でする。
数日後に蜃気楼のような道に出て、夜ルイジの店と書かれた一軒屋の前に出る3人。 偵察に行ったロベルトがなかなか戻ってこない。 びくびく近づく2人。
中には暖かい料理とワインでもてなされているロベルトの姿があった・・・

前半と後半がガラッと変わるお話ですね。
監督はジム・ジャームッシュ、「ギミー・デンジャー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15126788.html というイギー・ポップの自伝映画を撮っています。 「パターソン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15111439.html は味わいのある作品でした。
主演はトム・ウェイツ、ミュージシャンとしての彼は知って今すが、映画出演としては「Dr.パルナサスの鏡」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/4220585.html 「ザ・ウォーカー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/887367.html と出演歴がありますね。
そしてジョン・ルーリー、彼の出演作は記事にしていないようです。
ロベルト・べニーニが中盤から出てきます。なんと言っても 「ライフ・イズ・ビューティフル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11743763.html が名作です。

物語は、同じようにはめられ、騙された二人ジャックとザックが、刑務所に入ってしまうんですね。 ザックのほうが少し早く入ってきますが、なかなか上手くは行かないふたり、ちょっとしたことでいがみ合ってしまいます。
そこに来たたどたどしい英語のイタリア人ロベルト、彼が来てから3人はなんとなくうまく行き始めます。 そしてとうとう間隙をついて脱獄するんですが。
ここから変わった展開を見せて行くこの作品、ちょっと大脱走の可愛いバージョンのようなエンディングがほんわかしていきます。

イメージ 1
ジャックは情婦に騙され

イメージ 2
ザックもはめられ

イメージ 3
喧嘩ばかりのところに

イメージ 4
ロベルトが来てからうまく行き始める

イメージ 5
そして脱走

イメージ 6
何とか道に出る

イメージ 7