anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ゲティ家の身代金


1973年、夜のローマを1人歩く17歳の青年(チャーリー・プラマー)は身のほど知らずに、娼婦が立ち並ぶ地区で年上の女性を買春しようと値踏みしていた。 青年の側に見知らぬ車が停車すると、「ポールか?」 と聞かれ、そのまま拉致されてしまう。青年はジョン・ポール・ゲティ3世で、やがてそのポールを誘拐したというニュースが、祖父のジョン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)に告げられる。 彼は中東サウジアラビアから石油を輸入して、ゲティ・オイル社を設立、世界でも屈指の大富豪となっている人物だった。
ゲティに対して孫の身代金として1700万ドルが要求される。 しかし、ゲティと孫のポールは関係は幼い頃とは違って疎遠になっていた。 ゲティの息子であるポールの父親・ジョン・ポール・ゲティ・ジュニア(アンドリュー・バカン)がドラッグに溺れ、妻ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)とは離婚。 跡継ぎの役割を果たしていなかったからだった。
大富豪でありながらも守銭奴ゲティは、身代金の要求を断固拒否する。 この要求に応じれば他の孫も標的になる恐れがあると、彼は解釈したのだった。
一方でゲティは元CIAで、現在は自分の下で働くフレッチャー・チェイスマーク・ウォールバーグ)を呼び、誘拐犯との交渉を指示する。 チェイスを何度も身代金を用立てて欲しいという、ポールの親権を持つ母ゲイルの元へと向かわせられる。
その頃、誘拐されたボールは、南イタリアカラブリア州の人里離れた隠れ家のアジトに監禁されていた。 誘拐犯のリーダーはチンクアンタ(ロマン・デュリス)は、ポールに母親宛の手紙を書かせる。
要求した身代金を支払わないと、指を切断して送りつけると脅しながら書かせるのだった。
一向に身代金を出す気がないゲティに対して、母ゲイルは苛立ちを感じていく…

ショッキングな予告編、これは実話ということなんですよね。
そしてゲティ役はクリストファー・プラマー、「手紙は憶えている」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14535150.html での主人公役をしていましたが、衝撃のラストは震えが来ました。

物語は、誘拐されたポールをめぐってのお話です。 ローマでは “ポアロ” と発音されていましたが、唐突に誘拐されるんですね。 身代金は1700万ドル、世界一の大富豪ということですが、さすがにこの身代金は凄いですね。 でも払えない額ではないところが凄いんですが、ゲティはあっさり拒否します。
理由は、払ってしまうと孫がどんどん狙われるから、ということですが、どうやらそれは表向きの理由、感情的な部分が強い感じがするのと、お金に対する執着が強く、無駄な金だという意識が強いんですね。
実はその複線があり、どうしようもない息子と別れた妻のゲイル、彼女は一切の慰謝料を拒否して、ただ子どもたちの養育権だけを掴むんですね。 実はこれがゲティを激怒させたんですね。
自分の跡継ぎとしてみていたのがポールでした。 しかしそれが奪われたんですから、身代金など払う気持ちなど全く無いんですね。 口では可愛い孫といっていますが。
そして誘拐されたポールは、途中で犯人が寄り強力な集団に変わっていきます。皮肉な結末ですが、莫大な財産は一大限りだったみたいですね。

イメージ 1
息子が誘拐された

イメージ 2
祖父に当たるゲティは身代金の支払いを拒否する

イメージ 3
そして彼を派遣する

イメージ 4
監禁されるポール

イメージ 5
はたして身代金は?

イメージ 6