anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

オー・ルーシー!


東京。 ほど遠くない “退職” といずれ訪れる “死” をただ待つだけの毎日を送る43歳の独身OL川島節子(寺島しのぶ)。
ある朝の通勤ラッシュで、電車の飛び込み自殺を目撃してしまった彼女は、惨事の余韻から抜け出せないまま仕事に就く。
そんな時、突然、節子の姪で若き自由人である美花(忽那汐里)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。 節子の姉・綾子(南果歩)から、美花にはかかわるなと散々言われていた節子だったが、結局お金に困っていた美花を助けるはめになってしまうのだった。 美花が前払いした英会話教室に節子が通い、その後を継いで欲しいというのだった。 もちろん続ければ、その受講料を美花に支払うことになる。
無料体験チケットを使って教室に行くと、そこで出会ったアメリカ人講師ジョン(ジョシュ・ハートネット)が教える授業は、一風変わったものだった。
節子は “ルーシー” という名前と金髪のウィッグを与えられ、教室では “ルーシー” になりきるようにと言われる。 違和感たっぷりだった節子だったが、ウイッグを返そうと引き返したとき、同じ受講生の男(役所広司)と遭遇する。
彼は “トム” という名前とやはりウィッグをつけていたが、3人でもう一回授業を録り、ジョンにハグされたとき、節子の中で眠っていた感情を “ルーシー” が解き放ち、節子はジョンに恋をしてしまうのだった。
だがそんな幸せもつかの間、ジョンはあっさり英会話教室をやめてしまう。 彼は美花と一緒に日本を去ってしまうのだった。 自分が置かれた人生に納得できない節子は、二人を追いかけ、アメリカへ旅立つことを決意。 しかし、仲の悪い綾子も行くと言い出し、同行することになるのだった・・・

これは面白いドラマでしたね。 半分以上はアメリカでのお話になっていきますが、書いた部分は導入部です。
監督は平柳敦子、短編を制作し、これは長編という事らしいですね。
主演は寺島しのぶ、近作は未見なんで記事にしたのは 「ぼくのおじさん」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14542147.html となります。
そして忽那汐里、「キセキ -あの日のソビト-」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14721720.html が近作となります。 そしてなんとあの話題作に出演しているそうです!
ジョシュ・ハートネットは 「パラサイト」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14111746.html がデビュー作になっているようですね。 だいぶ歳を取って太った感じでしたが。

物語は、ここまで独身で過ごしてきたちょっとうらぶれた女:節子が、姪の英会話教室を肩代わりしてしまい、そこの英語教師にたった1日で恋をしてしまうお話です。 なんと純情可憐な、しかしその姪と一緒にアメリカに行ってしまい、そして会社に休職願いを出し、追っかけていくんですね。
しかしその直前に、ジョンがいなくなった怒りで、会社の女性の送別会の二次会でとんでもないことを発言してしまうんですね。 これで、もう居場所がなくなっていることを彼女は気がつかないんですね。
そして姉も娘がやっぱり心配で、着いて来てしまいますが、犬猿の中の二人なんで、絶えず喧嘩をしています。 能天気で姪からの手紙が来て、それを頼りに二人がアメリカに行きますが。
最後はやっぱり着地点はそこかという感じでしたが(^^)

イメージ 1
2番お局の節子

イメージ 2
姪の美花から連絡があり

イメージ 3
英会話教室でジョンと、トムと出会う

イメージ 4
ルーシーになり何かが弾けた

イメージ 5
しかし美花とジョンが消え、姉と

イメージ 6
アメリカまでジョンを追いかける

イメージ 7